おうちがたいへん

家族のことあれこれ

病んでるんだわな

2017-07-11 17:49:14 | 日記
育児ノイローゼなんかずっとな気がするし、
自分をダメ母としか思えない無限ループ。

おおらかではない家の体質もあるだろう。

夫の批判が激しかった過去。私が精神科に通うようになり、やんだと思ったら次は長男からの批判。
夫が長男に私のことを愚痴り倒したから代わりに言ってるんじゃないだろうか。

問題山積みなんだが。

少し楽しようものなら批判が飛び交う。

気が狂いそう。

ああ、救いようがない。

私はこの家にいたらますますダメになる。

責任感?義務感、
なんだろう。
何でここにいるんだろう。

自分がかわいいからかな。
自分のせいで子供が悲しい思いをするのが嫌か。

あの人たちといると自分に自信を持つ暇がない。
いつもビクビクして不安定。

どうして私はこうなんだろう。
気にせずに私らしく堂々としていたいのに。

なにか、打開策があるはずだ。

私は間違っていない、ちゃんとがんばっている、私のやり方で大丈夫。
そうやって、自信をつけたい。

夫の思想は長らくの説教により長男に刷り込まれてしまった。

ほぼ同じだと思う。

別にそれが悪いわけじゃない。
勝手に自分の思想を貫けば良い。

でも、私の領域を侵すな、というのが本音。

私は私で、細かいことを愚痴愚痴と言わず、おおらかに育てたい。
自分で失敗して、こうすれば良かったな、と、自分で考えてほしい。
本当に危ないこと以外は、見守る。
そうしたい。

あの二人組は違う。
事細かにルールを決めて、守らせるのが親の役割。
それが出来ていない母親は、ダメ人間だ、と言わんばかりに攻撃をしてくる。

ルール、それは結構である。
どんどん作ってもらって構わない。

それを納得して守るかどうか、子供に選ばせるくらいの余裕は欲しいところだけど、厳格にしたいならそれもいいだろう。

そんなのは自由だし、なんでもやれることはやればいい。
ただ、押し付けんな、と思う。

思想の自由でしょ。
同じ考え持て、そして従えとは何事だよ。

それよりなにより贔屓なんかすんな。
子供の中で格差を作っておきながら、偉そうにルール掲げるな、と思う。

夫のそこが嫌いだから反抗が止まらない。

いけ好かないし、腹が立つ。

家庭は小さな社会で、矛盾だらけでできている。
だから、こういうのもいたしかたない。
その中で、私はどうするか、が大事なんだよな。

とりあえずは、奴らの言葉に左右されすぎなんだよな。
正論だから反論はできないし、受け入れることは受け入れるとしても、
ダメな母親だな、と暗に言われているような感じを、それは私のフィルターの問題なんだから、そこは否定していいと思う。

私は立派だ。
こんなにぎゅうぎゅうと上から押さえつけられるような毎日でも、がんばってやっている。
あの人たちから見て完璧ではないにしても、ちゃんとがんばっている。


何か言われても、「そうだね」と軽く受け流そう。
わかってもらえなくても構わない。
私は私の生き方を貫こう。

迷いなくいれば、何事もうまくいく。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ターニングポイント | トップ | お気に入りが増える »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。