おうちがたいへん

家族のことあれこれ

不安を嫌わない

2017-07-13 17:11:33 | 日記
いつもそんなこんなで漠然とした不安を抱えて生きているんだけど、
丸岡謙仁さんのアプリで読んだけど、
不安を嫌わなくていいって書いてあった。
不安なのは自分の大事な感情だって。

うん、わかるんだけど。
なかなかそうもいかないというか。

一人でそういう風に考えるのが、難しい気もする。

誰かに聞いてほしいんだろうか。

自分はこれでいい、大丈夫と、本当は人に言ってほしいのかな。

いや、多分、人に言ってもらっても変わるのは難しい。

ガンコなんだろうな。

元の自分に戻ってしまう。

これじゃいけない、私はダメなヤツだ、と、どうしてもそこに戻ってしまう。

訓練か。

毎日、自分を肯定すること。

む、難しい。

よく、仕事でダメなことがあったり、指摘されたり、自分はダメだなあってなる。

そんなふうになるのが当たり前になってる。

家ではきちんとやれていないことを雰囲気で責められ、自分はダメだと思ってしまう。

自信を持つ暇がない。

それなのに、自分を肯定するのか。

いやまあ、少しずつやってみよう。
全体的に自分を否定することになっても、その中で一つでも二つでも、私のここはいいよな、と、意識して考えるようにしよう。

ずっと自分はダメだ、と思ってきたんだから、そりゃ、いきなり全部自分オッケーってなかなかなれない。

ネガティブなのが楽になっちゃってるんかな。

困るなあ。


甥のママが、甥をできない子だ、うちの息子を、できる子だ、と、比べてよく言う。

その育て方だと、甥っ子はどうなるんだろう。

言えないから黙ってるけど、甥も、うん、僕はできないしバカだよ、って言う。

んん?

いいのかそれで。

少なくとも人前だけならそういうの言わないよね。

普段、家族だけの時も、あんたはダメだね、できないね、と言い続けているから、甥自身も自分はできない子だ、と言うんだよね。

それ以上の愛情は与えていると思うからきっと大丈夫だけど、
その子はもしかしたら、私みたいに生きづらい人になってしまうかもしれないな。

自分がダメだと、親からも自分からも言われ続け、
認める、認めてもらうことに慣れることがない。

親子でも夫婦でも、言い続けてしまったら洗脳になってしまう。

家庭という場所は非常に厄介だ。

せめて、甥のことは私が認めて褒めようと思う。でも、そこで自分の子を落とすこともしないように。

育児書なんかをみると、模範的な事が書いてあるけど、それだけ完璧に出来ている人はいるんだろうか。

自分の育てられ方も邪魔して、自分なりの解釈、自分が楽な方に結局は偏ってしまう。


ただ、親が出来すぎていても、子は苦しむことがあるのだから、
どんなふうであれ、親になったからには自分で自分を育てることが大事なんだな。

自分がそうされてきたから、そのようにする、ではなくて、本当にこれでいいんだろうか、と、模索しながらやっていくしかない。

でも、正解が見当たらないんだよな。

それもまた不安。
本当の意味で、誰も教えてくれない。

自信を持って、私は子育てが上手だ、と言える人はすごいと思う。

あ、夫、言ってましたわ。
お前よりいろいろ本読んでるし、俺の方が子育ては向いている。お前のような心が不安定なやつに子供の面倒を見させるのなんてうんぬんかんぬん。
だから離婚するならお前には子供を一人もやらんと言ったわそういえば。

つい3年くらい前まで子育てほとんどノータッチだった人の言葉とは思えない。

それまで必死に育てた私の功績とは?

積もり積もって彼のことは好きではない。
酔っ払った時に話すから「覚えてない、そんな事言ってない」とか言うし。

信頼関係をぶっ壊してくれといてしらばっくれるとはどういうことだろう。

許せてないことがいっぱい出てくるなあ。

しかたないわ。偏った考え方に見えて、あの人の中ではそれが正しいのだから。

私が正しいということを死んでも認めないみたいなのは、もうどうしようもないし。
それがあの人だ。

心が不安定になったのは私だけが原因ではないことも、認めることはないだろう。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モラハラと病 | トップ | ミュゼ »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。