幸福堂鍼灸整骨院 元気の出るブログ

smile,smile happy everyday!!   

テーブル型インベーダーゲーム世代。

2016年04月30日 | 日記
「孫がゲームに熱中して困ってんのよ」、
とおっしゃってた方。

そしたらその方、最近、ご自身もゲームを始められたんですって。

「孫にね、ボケ防止にいいからやってみたらって勧められてさぁ。
 教えてもらいながらやけど、やってみたら楽しいもんなんやね。」

やるのは1時間以内まで、とご自分でちゃんとルールを決めてやっておられるそうですよ

僕も学生の頃はインベーダーゲームに大ハマリだったなぁ。

僕世代の方なら分かって頂けますやろか?
喫茶店とかゲーセンで、テーブル型のインベーダーゲームあったでしょ?

1回100円なんやけどね。
それ、飽きもせずアホみたいに、なんぼほどやった事か。
今から思えばお金もったいなかったわ

なんせ家庭用ゲーム機がまだ無かった時代。
その後やからね、ファミコンが出たのは。

ゲームボーイとかの携帯型ゲーム機も流行ったよね。

学生の頃はそこそこゲームにハマってたけど、社会人になるとゲームする暇なんて無くなった僕。

これをいい機会に、ゲーム類を全て手放そうと決めた。

僕がゲームを捨てると聞きつけた、その当時勤めてくれてたスタッフさん。
そのスタッフさんには中学生の男の子さんがいてはるとかで、ぜひとも譲って欲しい、と喜んでもろてくれはりました。

ただし僕はその時、念を押したんよ

「坊っちゃんがゲームに没頭して、勉強しはらなくなっても知りませんよ。」、とね。
 
すごーく念を押しといたんやからね

案の定、中学生の坊ちゃんはゲームに熱中。
そればかりかご主人までもが、寝る時間を削ってゲームにハマリだしたというまさかの展開。

ゲーム機をもろてくれはったスタッフさん、えらい困ってはりました。

ホ~ラみなはれ。
だから、僕は言うたげたでしょうが~

知らんよ~






この記事をはてなブックマークに追加

他人の結婚式。

2016年04月27日 | 日記
僕が幼い頃から長~い付き合いの友人。
年齢層としては間違いなくオッサンである。

ちなみにこのオッサン、独身ね。
結婚してよーが未婚であろーが生き方は人それぞれなわけで、まぁそんなこたぁ、ここではどーだっていい話。

この独身オッサンの彼が最近思ったこと。

人生、オッサンとよばれるような年齢までそこそこ生きてると、比例して結婚式に招待される回数も増えます。

独身のオッサンがこう言う。

兄弟、いとこ等の身内の結婚式はまぁいい。

問題は、血縁関係の無い他人の結婚式だ。
大いに異議あり!!、だそうな。

先輩、友人、後輩。
面識はあるし親しくしてる人達やけど、よ~く考えりゃそもそもは他人やんかい!!

はたまた取引先のご子息のお式。
取引先のお偉い部長とは立場上懇意にしてるが、かといってそやつの息子のことまでは知らんし全く面識無ぇから!!

などなど思うらしい。

彼は、余興だ、スピーチだ、受付けだ、って頼まれりゃ快く引き受ける人。

タダで余興をやり、タダでスピーチをし、タダで受付をやり、おめでと~を連呼し、拍手を送りまくり、笑顔を振りまき、さして興味もない新郎新婦の様子を終始見せられ、そやのに、さらにお金(ご祝儀)までとられるんかい。

この悪しきシステム、ここらへんで改め時ではあるまいか、と彼は言う。

それでも招待されたら律儀に出席し、頼まれたら余興でも何でも二つ返事で引き受け続ける、優し~い彼なんだわさ。




この記事をはてなブックマークに追加

過去を振り返る時間。

2016年04月20日 | 日記
体調を崩した時。
身体を横にして休みますね。

そのままスーっと寝入っていけばいいんだけど、寝付けない時。

そういう時は人生を振り返る時間にする、という方がおられます。

眠れぬ身体をベッドに横たえながら、

「あの時、こんな事あったなぁあんな事あったなぁ」、

と過去の出来事に思いをめぐらすそうです。

だからその方は、眠れなくても全然退屈しないんだそうですよ。

なにも人生を振り返るなんておおごとに考えずとも、ただ単に、過去の懐かしい思い出に浸るというのでもいいですよね。

僕は、あまり過去を振り返らない人である。
ほとんど前しか見ない人生である。

今まで生きてきた中での失敗や経験を生かす努力は当然するが、しかし、過去は過去であると割り切って生きているんであります。

人間、そこそこ長く生きとりゃね、過去には思い出したくないツライ経験もあるしね。
もちろん、それ以上に楽しい嬉しい思い出もたくさんあるんだけど。

あんなことあった、こんなことあった、
あの時、こうしてたらどうなってたかな…、

考えても仕方の無いことかもしれないけど、人生の節目には、『たら・れば』の時が何度かあります。

過去を振り返り、うちの相方もこう言います。
「あの時、○○君を選んでいたらなぁ~」

なんかしらんけど、女の方って、それよく言わはりますなぁ

こういったことは男性からはほぼ聞かんのやけど、この温度差、なんなんやろねぇ~。


この記事をはてなブックマークに追加

カタカナ発音の英語教師。

2016年04月14日 | 日記
昔々、僕が中学生ん時、アメリカ人の方に英語を習ったことがあります。

当たり前だが、メッチャ巻き舌。
発音が、バリバリ英語やの。
本場英語感つったら、まじハンパない。
本場すぎて、何言うてはるか聞き取れぬ。

僕が何度も聞き返すもんだから、アメリカ人先生にこう言われたもんね。

「アナタはアホですか?」

↑こんな日本語、どこで覚えてきたんや(笑)

ま、アホには違いないですけど?
アホじゃ、いけませんか?(←開き直り)

例えば、野菜のセロリ。

僕が「セロォ~リ」て、それなりに外国ぽく発音したのに、アメリカ人先生怒る怒る。
「NO NO NO!! リ!!」、

ところで。
学校での英語の授業ですが。

教師(日本人)いうたら、大変失礼ながらカタカナ発音でした。
カタカナ発音だと、僕みたいなアホでも聞き取りやすくて助かる(笑)。

英語教師でありながら、「v」や「r」の発音がお出来にならない先生。

帰国子女のクラスメートのほうが、教師よりよほど正しい英語の発音してた。

帰国子女、陰でよくこう言うてたもん。
「センセの発音、気持ち悪い。ひどくて聞いてられへん。」

で、とうとうある日、帰国子女が英語教師に疑問をぶつけた。

なぜ専科である英語教師が、正しく喋れないのか?
それに、日本の英語教育システムはおかしい。
なぜテストでこんな意味のない問題が出るのか?
そしてまた、なぜこんな解答になるのか?

アメリカ育ちだから、ま~、ズケズケ言う言う(笑)。

僕らが何の疑問も持たずに受けていた、学校での英語教育。

しかし、海外育ちの英語ペラペラの帰国子女からすると疑問だらけだったらしい。

すると英語教師、キレたね~(笑)。

「米国で育ったアナタの言い分は分かりました。
 この英語教育はお偉いお上(かみ)の方針です。
 日本の英語教育がおかしいと思うなら、将来大人になったアナタが、お上である文部省(今でいう文部科学省のこと)に入り、正しく改革しなさい!!」

さらに、英語教師は続けた。

「結局はね、日本のテストや大学受験はね、どれだけ単語を覚え、どれだけ英文法を学べてるかということに尽きるの!!
 英会話が達者でも、発音が正しかろうとも、今の日本の大学受験にはなんら意味ないのよ。」

そうだったなぁ。
僕らの時代は、文法中心の使えない英語教育でも良かったの。

今は英語教育も進化し、センター試験ではリスニングがいる時代になり、『使える英語力』が問われるようなってきたもんな。


この記事をはてなブックマークに追加

タバコVSお菓子。

2016年04月11日 | 日記
おタバコ、吸われる方。
ボヤかれてます。

「タバコがまた値上がりしよったんや。」

タバコ代ってバカになりませんよね

僕も若かりし頃は吸うてたから、吸いたい人の気持ちは、まぁ分かります。

いっそのこと、値上がりをきっかけにタバコやめはったらいかがどす?

タバコやめたら、いいことづくめやと思うんやけどなぁ。

「1箱千円になったら考えるわ
  ↑↑
はは~ん、やめる気ないでしょ(笑)。

奥さまが嘆かれてますよ。

「今まで何度も、自分からやめる言うてワーワー大騒ぎして宣言するくせに、いっつも口ばっかりよ。
 主人の『やめる』は聞き飽きた!!
 結局、意志が弱いんよね!!」

しかし、ご主人も負けてはりまへん。
こう言い返しなさる。

「お前かて、お菓子やめるやめる言うてやめたためしないやん。
 それと一緒やろがい。
 お前こそ意志がヨワヨワなんじゃ!!」

お菓子VSタバコ。
奥さまVSご主人。

ならばこの際、二人で励まし合いながら、お互いにタバコ&お菓子をやめはったら?

けどなぁ、お菓子ておいしいもんなぁ。
甘~いお菓子食べたらウフフって頬がゆるんで、オッサンでも一瞬女子になるもんなぁ。
(↑ならへんわ)

お菓子やめるん、キビシイ。
少なくとも僕にとっちゃ、キビシイ。

タバコはやめたけど、お菓子は無理だす。
あ、僕も意志弱いんかもなぁ



この記事をはてなブックマークに追加