幸福堂鍼灸整骨院 元気の出るブログ

smile,smile happy everyday!!   

施設入所でお元気になられた。

2017年01月25日 | 日記
一生涯自分の家で暮らしたい、そう願う方は多いはずだ。

しかしながら、年老いて自宅暮らしが困難になり、施設へ入所せざるをえない場合がある。

年老いて自立生活が厳しくなり施設に入る。
しかし入所後は、個人差はあれど残念ながら徐々に弱っていかれることがほとんどである。

それはお歳を考えれば仕方がない、自然なことなのかもしれない。

そんな中、驚くほどお元気になられた方もおられる。
高齢のお歳に逆行するかの如くである。

僕が数か月おきに訪ねる度、お顔の肌艶が良くなり頬は健康的なピンク色、
細身だったお身体も少々ふっくらされてきているのだ。

その嬉しい変化には目を見張るものがある。

失礼ながら退化するばかりと思われるお歳で、これほどまでにも嬉しい変化がみられるなんて、思いもしなかったこと。

自宅暮らしが厳しくなり施設入所となった時は、とても寂しそうにしておられたのだが、
結果的にこの方にとっては、施設の暮らしが合ったと思われる。

この方の場合。

家で生活していると、つれあいの世話・食事・掃除・洗濯・買い物・お金の管理などに追われ、
老いた身には、そういう日常生活を送るというだけで、いっぱいいっぱいになってしまった。

もはやごく普通に日々生きること自体が、ご老体には負担の蓄積だったのである。

それでも最後まで家で過ごしたかった。
正直、気乗りしなかった施設入所。

しかし施設では、三度三度栄養バランスの整った食事が提供され、
掃除や洗濯の心配もなく、安心なお風呂、
年がら年中温度・湿度を徹底管理された快適環境。

人のお世話になることで数々の事柄から解放され、
心身の負担が減り持病の発作も激減し、体調も良い。

「施設にお世話になって良かったと、今は素直に思う」
微笑みながら穏やかにそうおっしゃった。

そのお姿を見て、良かったなぁと僕も思うのである。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新大統領、始動。 | トップ | なんかしら役割はあるもんだ。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む