幸福堂鍼灸整骨院 元気の出るブログ

smile,smile happy everyday!!   

働いて休んで働いて休んで。

2016年10月24日 | 日記
身体に負傷を抱えておられる時。

診察させて頂くと、状態が悪く、あちゃ~アナタさま仕事やってはる場合ちゃいますわ~、って思う場面がある。

しかし、仕事は簡単に休めるものではない。
それは僕もよく理解できる。

休めないからこそ、仕事をしながら合間を縫って何とか時間を作り、治療にいらっしゃるんですよね。

極論を述べるよ。

仕事は一日おきがよろしい。
つまり、働き、休み、働き、休み、を繰り返す。

一日働いたら、翌日は一日身体を休ませ、負傷を回復させる日にするの。

一日おきに「明日は休みやし」って思える事により、
そのほうが却って、いざ出勤日に「バリバリご奉公申し上げるぞ~」って勤労意欲がわいてこない?

ワタクシめが奨励するこの隔日労働スタイル、さすがに正社員の方には現状無理やろけど、
週3日勤務のパートタイマーの患者さまに、ご提案してみたんよ。

そしたらすぐさま、会社に勤務シフトを隔日に組んでもらってはりました。

一日おきに身体を休める働き方というのも、ひとつのやり方だから。

施術者側の僕からすれば、本音としては、ひどい症状が落ち着くまでは仕事は休んで頂きたい。

けれどご本人さんが、『回復を図りつつ、仕事も休まない』というスタンスでいかれるならば、リスク説明をした上で、僕もそのお考えに最大限寄り添って治療させて頂くのみである。

身体がキツイ日々が続くと、気持ちまでしんどくなっちゃうね

日々の激忙の中を生き抜く患者さま方を診ておりますと、マジ隔日労働って必要やろって思う時が何度もあるんですわ。

あ、ついでに僕自身も隔日がイイざんす~
(↑おサボリ願望ともいう)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 認知症に特化した民間保険。 | トップ | 文明の利器の代償、OA病。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む