幸福堂鍼灸整骨院 元気の出るブログ

smile,smile happy everyday!!   

根性論。

2017年06月09日 | 日記
僕の世代は、スポーツといえばド根性論が、まかり通っていた。

なんでもかんでも根性・精神力で乗り切れ!!、と叩きこまれた。

毎日限界までやれ、と言われた?
フッ、そんなもんじゃないぜ。

限界まで来てからが、ようやく始まりだ、
そこからさらに死ぬ手前までやれ、と。

毎日、やたら長時間練習。
チャッチャと短期集中でやるのだって、大切じゃない?

メリハリって大切じゃん。
軽めの調整で、身体を休める日だって必要。

で、根性論、どうよ?

今ならあほくさ、と思えるんだけどね。
でも、当時は何ら疑問に思うことはなかったな。

僕ら学生は指導者の言う事が全て。
指導者を信頼してたし、言う通りに従ってれば強くなれると思い込んでるからさぁ。

ま、いってみれば洗脳だな。

根性論ありきの指導を受けてるとね、ケガで身体がキツくて休みたくても、
自ら休みたいとは口が裂けても言わないし、言えなかった。

反面、今の指導者は大変よく学んできておられるし、
僕らの時代のような無茶を強要する事が、減った。

それはとても良い傾向である。

しかし。

学生がケガをした際、事態を正確に理解できない指導者は、いる。

どんなに身体能力抜群の学生だって、
キャパを越えて無理をすればケガをします。

学生は若く、ひたむきにマジメに頑張るから、
すぐにオーバーワークをしてしまう。

使い過ぎであること、
治癒に必要な治療期間&休養期間が必要であること、

などを、僕は治療をしながら学生さんに懇々と説く。

そしてさらに、場合によっては、指導者さんと直接お話をし、
僕なりに色々とご提案申し上げることだってある。

学生さんの選手生命がかかってるわけだし。

学生・指導者は真剣、
そして同じように僕だって、治療を請け負う者として真剣なのである。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きょ、巨人よ…。 | トップ | 非凡なお方でも。 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事