幸福堂鍼灸整骨院 元気の出るブログ

smile,smile happy everyday!!   

人々は、拾う。

2017年10月19日 | 日記
まだまだ真っ暗な、早朝4時台~5時台の、
新聞配達のバイクが行き交う時間帯。

拾てはるね~、人々がギンナンを。
歩道のみならず車道にも出て、拾ってなさる。

皆さん、すんごい量をゲットしてはるの。
スーパーの袋パッツパツに2袋分の収穫のお人も。

その量がありゃ、茶碗蒸しどんだけ作れる?
(↑たとえがおかしい)

早朝のギンナン争奪戦。
早いもん勝ちの世界を見た。

それはそうと。

ギンナン拾いってね、大変なんよ。

なんといってもあのカホリでしょ。
素手で拾おうもんなら、お手テがえらい事になる。
ビニール手袋必須やねん。

そして、拾ってからの下処理がこれまた大変。
めんどっちぃのと、ニホイがすさまじい。

とてもやないが、家の中に入れられたもんじゃない。
だから、家の外で下処理をやるねん。

なんで、そこそこ詳しいかって?

僕も大昔、拾ろた事があるの。
うちのお爺はんに連れられて。

僕は幼児やったから、ギンナン拾いに行くと聞いて、
楽しいドングリ拾いの感覚で、ついて行ったんや。

思い起こせば、他にも椎の実拾いとか、
『落ちてる系天然食材』にめっぽう強かった、
不思議で怪奇な、うちのお爺はんどしたわ。





この記事をはてなブックマークに追加

行くべし。

2017年10月18日 | 日記
皆さん、どなたに投票するか決めました?

僕は、すでに期日前投票行ってきたで。
ふぅ、これでひとつ用事が済んだわ。

行こうね、選挙。
せっかく選挙権持ってんだもの。

当院内でも、選挙の話題が自然と増えてる。

僕が熱く語るもんだから、患者さま、
「いっそのこと、センセが立候補しちゃえ」、と。

僕の熱弁が相当ウザかったようどす。
(↑しょんぼり)

ところで、

「どこに入れたらええのや」、
とおっしゃる方が、いつもより多い気がする。

そうねぇ、決めきれないんなら、
自分を信じてパッと直感で!!、てのはどう?

あとは、そうだなぁ、消去法でもいいと思う。

仮に、心から推す候補者がいなかったとしても、
どなたかが、必ず決まる事には変わりないんだし、

どなたかに必ず決まるということは、
我々も、どなたかに必ず入れるしかない。

それにしても情報番組、少々笑わしてくれるにゃ。
ある意味、見てると楽しいにゃ~。



この記事をはてなブックマークに追加

〇〇夫人。

2017年10月16日 | 日記
お見合いの立ち会いをしましてな。
立会人なる立場ってのも、キンチョ~するもんやで。

ま、両者、手応えありな感じで、まんずまんず。
次回のデートの約束も取り付けたようだし。

それにしても、お二人の初々しいことよ。

ワテら夫婦にもこんな時期、あったっけな~。
(↑遠い目)

女性がバリバリ社会進出化し、男女平等とうたわれても、
結婚により、女性の人生が大きく変わる事には違いない。

世の女性陣にお聞きしますと、今度生まれ変わるなら、
絶対違う旦那がいい、
と、圧倒的多数でおっしゃいます。

当然、うちの相方もそう申しておる。

んまぁ~、呆れるわ。
いつもいつも、タダで治療してやってるというのに、
なんとも罰当たりな、うちの相方であられる。

それに、俺と一緒になったからこそ、
『院長夫人』という肩書を得れただろよ。(←あほ)

院長夫人。
それはすばらしき肩書、称号。(←あほ)

ど~よ。
(↑何が?)





この記事をはてなブックマークに追加

夏の片づけと、冬の準備。

2017年10月14日 | 日記
季節は秋。
ただ今、夏と冬の切り替えをする時期。

負傷をかかえる患者さまに、こう申し上げておりますの。
「この秋は、少しずつ、早めに冬準備を始めましょう」

服とか、お布団とか、エアコン掃除とか、
こまごまと、色んな切り替えごとがあるよね。

負傷している時に、一気にやろうとするのは危険。
だから、ちょっとずつちょっとずつやるのです。

ついこないだ、一旦、急に寒くなったじゃない?

なので、僕のアドバイスをよ~くお聞き下さったAさんは、
『ちょっとずつ、早めに』の行動を心がけ、
夏の間大活躍した扇風機を掃除し、お片づけなさった。

そしたら、あんれまぁ、
その後、急激に暑さが戻っちゃったのね。

「センセ~、扇風機を早くに片づけてしもたから、
 ここんとこしばらく、すんごい暑かったわぁ」

ならば、うちわを使うべし。

昔の人は、うちわでしのいだもんだす。
なんなら、お優しい旦那様にあおいでもらいなはれ。

この記事をはてなブックマークに追加

難題、嫁クイズ。

2017年10月10日 | 日記
数日前のAさん。
「身体、つれぇや」、とポツリ。

その日はとりわけ、お身体が痛そうでございました。
痛いと、気力も奪われます。

そして、ポツポツと静かにグチられます。
「嫁クイズが、超めんどくさい…」

嫁クイズ?
なんです、それ?

「今日のアタシ、どこが変わったでしょう~?」、
って奥様が、旦那様に聞いてきはるやつだそう。

あ、それなら僕知ってるよ。

奥様が美容院行ったのに旦那様が全く気が付かずに、
スル~しちゃうとかいうのんでしょ?

だって、女性患者さまから山ほどお聞きしてるもん。

毎日一緒に暮らしてんだから、嫁の変化に気が付いてよ、
って奥さま方、そこそこ憤慨しておられますわよ。

で、Aさんも当然、美容院のパターンは経験済み。
だから嫁クイズに対し、自信満々に解答なさった。

「おっ、美容院行ったんか。すごい似合ってるで」

すると奥さま、不機嫌に。
奥さまは、美容院に行かれたのではなかった。

じゃ、正解は?

新しい服を、初めて着たんですと。
あと、口紅を新調して明るい色に変えたんですと。

うわ、そんなの分からんわ。
てか、そんな変化まで分かる男の人おるんかえ?

ちなみに、僕が散髪にいった場合だけどね。

僕の相方は、すぐさま気が付いてくれるんだヨ。
で、スル~せずにちゃんと声に出してくれるんだヨ。

ひと言、
「それ、いくらの頭なの?」


この記事をはてなブックマークに追加