京都 旅日記

気まぐれ京都旅。

ハンゲショウ

2017-06-28 19:54:56 | 

夏至が過ぎ、もうすぐ半夏生です。

ハンゲショウ(半夏生)とは、ドクダミ科・ハンゲショウ属に分類される多年草です。夏至から11日目を半夏生(ハンゲショウ)と呼び、その頃に花を付けることから名付けられました。また、花の咲く頃に葉の一部が白く色付いて、半分だけ化粧をしたように見えることから「半化粧」とも呼ばれます。
京都の建仁寺塔頭の両足院が有名です。


我が家のハンゲショウ、3年目にして初めて花穂をつけて葉の一部が白くなりました。

 

 

 


 

  

 

 



来年はたくさんの葉が白くなるのを期待しています。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2年目の嵯峨菊 | トップ | 西本願寺 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事