よったろーのせーさく日記3

よったろーのせーさく日記からの引き継ぎです。
ちょちょいのよったろーと申します。
改めましてよろしくお願いします。

ファーブラ・フィクタ タティー編第003話45

2017-06-10 14:35:34 | 日記
 タティーは決勝トーナメント出場者の控え室に向かった。
 本来であれば、この部屋にいるのは【クインスティータ】であり、タティーではない。
 だが、うっかりさんな【クインスティータ】は予選大会で失格になってしまった。
 だから、タティーががんばるしかないのだが、タティーの目には誰も彼もが強く映ってしまう。
 自分だけ置いてきぼりになってしまった様に感じるのだ。
 そんな訳でガチガチに緊張していると声をかける存在が一人。
 ライバルの【リーチェニー】だった。
 【リーチェニー】は、
「おはようございます。タティー・クアスンさんですよね。私、【リーチェニー・パルフェーム】と言います。一応、プロのコスプレイヤーをしています。もしかして緊張なさっているんですか?大丈夫です。私、良いおまじない知っているんです」
 と言ってきた。
 良い子だ。
 この子は良い子だ。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ファーブラ・フィクタ タテ... | トップ | ファーブラ・フィクタ タテ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。