よったろーのせーさく日記3

よったろーのせーさく日記からの引き継ぎです。
ちょちょいのよったろーと申します。
改めましてよろしくお願いします。

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編006話50

2017-03-06 17:20:05 | 日記
 それを知ったピリオドは絶望した。
 呪力が桁外れの【古都百合】であってもこの呪いは解けない。
 打つ手無しの絶望感が彼を苦しめていたのだ。
 それを聞いたキャリアは、
「――探そう。何かあるかも知れない。私の赤と緑の光体も亜万能細胞で出来ている。試してないだけで、何か取りこぼしがあるかも知れない。諦めるのは早い」
 と言った。
 ピリオドは、
「……ありがとう。【古都百合】様でもどうしようも無いのに、それでも諦めるなと言われても正直、どうしたら良いのかわからないが、確かに何かあるかも知れない」
 と言った。
 キャトラは、
「あちし達は、現界でクアンスティータっていう飛んでもないやつの誕生を感じてきたニャン。だから、大概の事では絶望しにゃいニャン」
 と付け足した。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ファーブラ・フィクタ ルー... | トップ | ファーブラ・フィクタ ルー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。