よったろーのせーさく日記3

よったろーのせーさく日記からの引き継ぎです。
ちょちょいのよったろーと申します。
改めましてよろしくお願いします。

ファーブラ・フィクタ タティー編第003話01

2017-06-10 14:05:21 | 日記
01 タティーのたどってきた道


 タティー・クアスンは、好きな男性との結婚を夢見る普通の少女だった。
 だが、両親に名付けられたこの名前は曰わく付きだった。
 この名前は最強の化獣(ばけもの)として名高い13番、クアンスティータのアナグラムとなっていた名前だったのだ。
 何故か、これだけでタティーは偽クアンスティータとして認定されてしまった。
 認定されただけならまだしも、しっかりと偽クアンスティータの特徴である背中の背花変(はいかへん)と呼ばれる万能細胞も本物より数が少ないとは言え、ついてしまったし、もう一つの特徴である千角尾(せんかくび)もまた彼女の腰から生えてしまっていた。
 これでは違います。
 私は偽クアンスティータじゃありませんと言っても通じない。
 【めがねさん】と呼ばれる、伊達眼鏡――もとい、謎の生命体に見いだされ、彼女は謎の惑星ファーブラ・フィクタに招かれた。
 だが、彼女は拉致されたと思っている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さて……2 | トップ | ファーブラ・フィクタ タテ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。