よったろーのせーさく日記3

よったろーのせーさく日記からの引き継ぎです。
ちょちょいのよったろーと申します。
改めましてよろしくお願いします。

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編006話30

2017-03-06 17:07:10 | 日記
 子供は、
「なぁんだ。バレてたの?この姿で居るとね。たまぁに馬鹿な獲物が引っかかるんだけどねぇ」
 と言った。
 と、同時に子供の皮が割け、中からどこに入っていたんだと思える位の大きな巨体が顔を出す。
 現界で言うところの【鬼】にイメージが近かった。
 ただし、頭から生えているのは角ではない。
 コインに近い形状の何かだった。
 それ以外は筋肉質な体つきと言い、鬼と言っても遜色なかった。
 頭のコインが何を意味するものかはよくわからない。
 だが、理解する必要はない。
 とっととけりをつけて、ここを離れれば良い。
 そう判断したフォールが一閃――
 子供だった【鬼】の様な何かを切りつけた。
 瞬殺――そう思ったが、違った。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ファーブラ・フィクタ ルー... | トップ | ファーブラ・フィクタ ルー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事