よったろーのせーさく日記3

よったろーのせーさく日記からの引き継ぎです。
ちょちょいのよったろーと申します。
改めましてよろしくお願いします。

オムニマックス・バイブル 序章021

2017-09-21 15:24:04 | 日記
 確かに、隆作は言っていた。
 【吹雪は隆作を知らず、隆作も吹雪を知らない】と。
 吹雪に感動を覚えさせる文章――
 一体、隆作は何を書いたのか?
 ――それは、彼が今まで彼女と会うために頑張った事、
 【オムニマックス・バイブル】を追い求め、四苦八苦した事、
 追い求めて行く内に、それが楽しさに変わった事などだ。
 彼が書いたものは自己紹介文だ。
 彼の事を知らない吹雪のために、自分の事を知ってもらえる文章。
 彼女と知り合うためにどれだけ、成長して来たかを客観的に分析した文章だった。
 文章としては物書きではないのでつたないと言わざるを得ない。
 だが、それでも、一つ一つ壁を乗り越えて行く様がきっちりと描かれていた。
 それは、吹雪が追い求めているものと共感出来る事でもある。
 【オムニマックス・バイブル】を追い求めるのにふさわしい姿勢が記されていた。
 彼女の態度を見た、隆作はゆっくりとファストフード店を出る。
 そして、吹雪達の前に立ち、
「あの……初めまして……い、いや、初めましてじゃないか。今まで黙って見ていてすみませんでした。僕の名前は、桐垣 隆作と言います。出来たらお友達になってください。お友達から始めさせてください」
 と言った。
 それを見た吹雪は、
「あなたはあの時の……」
 と言った。
 彼が、しつこい男達から彼女を守った事を覚えていてくれたのだ。
 そして、
「手帳の方ですね。私は、花桜 吹雪と申します。――良かった……いい人そうな方で……こちらこそ、よろしくお願いします。素敵な文章ですね」
 と言った。
 ジェルソミーナは、
「ひ、姫様……」
 と言うが後の祭り。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オムニマックス・バイブル ... | トップ | オムニマックス・バイブル ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。