よったろーのせーさく日記3

よったろーのせーさく日記からの引き継ぎです。
ちょちょいのよったろーと申します。
改めましてよろしくお願いします。

ファーブラ・フィクタ タティー編第003話22

2017-06-10 14:20:06 | 日記
 その笑う影に別の審判が肩をたたき、
「えー、3組15万6981番の【ヴィホヂット・ウボヒー】さんでしたね。あなたも失格です」
 と言った。
 【ヴィホヂット】は、
「な、ぬぁんですってぇ~なんでよ?なんで私まで失格なのよ。私の組はまだ戦ってないじゃないのよぉ~」
 といちゃもんをつけたが、その審判も冷静に、
「大会参加中はそのキャラクターになりきる――それくらい最低限のルールです。あなたが予選で登録したキャラクター、【まっしろ姫】は清廉潔白で有名なキャラクターです。【まっしろ姫】が【ざまぁ無い】なんて下品な台詞言うとお思いですか?私達審判は大会中は参加者を常にチェックしてますからね。少しでもふさわしくないと思ったら遠慮無く失格にさせていただきますからね。少しはあの方を見習われてはどうですか?あなたのお連れさんでしょ?11組13万6932番の【リーチェニー・パルフェーム】さん。あの方はレイヤーの鏡ですよ。ちゃんとキャラクターになりきっている。彼女の爪の垢でも少し飲ませていただいてはどうですか?」
 と言った。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ファーブラ・フィクタ タテ... | トップ | ファーブラ・フィクタ タテ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事