よったろーのせーさく日記3

よったろーのせーさく日記からの引き継ぎです。
ちょちょいのよったろーと申します。
改めましてよろしくお願いします。

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編006話27

2017-03-06 17:05:15 | 日記
第五章 怪しい男の子


 キャリア達の超光速宇宙船は冥界の第一階層の宇宙空間に突入した。
 幽界と双子の宇宙世界である冥界もそれと同様に大きいはず。
 キャリア達が幽界の表層階層でかかった時間を考えればほぼ素通りに近かった。
 それだけ、超光速宇宙船での移動は重宝していると言える。
 キャリア達は一旦、落ち着く場所をと思い、適当な星を見つけて着陸した。
 その上でオレンジの光体を出し、あたりを探る。
 すると強い反応が近くにあると出た。
 強者のリビングデッドか何かか?
 いや、違う。
 別の反応だった。
 何となく違和感のあるような反応だった。
 警戒心を強める。
 何かが近くにいるからだ。
 だが、何だ、この異様な気配は?
 わからない。
 全くわからない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ファーブラ・フィクタ ルー... | トップ | ファーブラ・フィクタ ルー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。