よったろーのせーさく日記3

よったろーのせーさく日記からの引き継ぎです。
ちょちょいのよったろーと申します。
改めましてよろしくお願いします。

ファーブラ・フィクタ タティー編第003話47

2017-06-10 14:36:51 | 日記
 タティーは、
「あ、ありがとうございます。うれしいです」
 とお礼を言った。
 それを見た【リーチェニー】は、
「ご、ごめんなさい、ごめんなさい、私、やっぱり出来ません」
 と妙な事を言った。
 実は、【ヴィホヂット】に命令されて、超強力な媚薬入りのお菓子を食べさせようとしていたのだ。
 要するにタティーに恥をかかせようという目論見である。
 タティーのまっすぐな笑顔に良心の呵責に耐えきれず、取り乱したのだった。
 まだ、【ヴィホヂット】の洗脳は完璧ではなかったのだ。
 タティーは心配し、
「大丈夫ですか?あ、良かったらあなたにもらったものですけど、お菓子でも食べて落ち着いてください」
 と言った。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ファーブラ・フィクタ タテ... | トップ | ファーブラ・フィクタ タテ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。