よったろーのせーさく日記3

よったろーのせーさく日記からの引き継ぎです。
ちょちょいのよったろーと申します。
改めましてよろしくお願いします。

お休みなさい。

2017-12-13 17:01:09 | 日記
それでは、今日はこれで失礼します。

お休みなさい。

また、明日。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木曜日024

2017-12-13 17:00:42 | 日記
続きです。

ソナタは吟侍にお姫様だっこをされた状態で目を覚まします。

吟侍は【おはよ、おそなちゃん】と言ってにっこりと笑います。

見事ソナタ姫を救い出した王子様的展開ですね。

という所で時間切れかなぁ~?

以上です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木曜日023

2017-12-13 17:00:16 | 日記
続きです。

ウィークポイント・レシピでソナタという人間を攻勢していた要素がソナタの元から全て飛び出します。

それをレア・フォースで作った網でかき集め、ソナタという人間を再構築させました。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木曜日022

2017-12-13 16:59:46 | 日記
続きです。

そこで、吟侍はウィークポイント・レシピをアレンジさせます。

ソナタに取り憑いている要素が不明なのであれば、ソナタの構成要素だけを取り出してしまえば良い――吟侍はそう判断したのです。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木曜日021

2017-12-13 16:59:17 | 日記
続きです。

でも吟侍は慌てません。

だったらと、ウィークポイント・レシピを放ちます。

ウィークポイント・レシピとは相手の体に入り込み、弱点属性を見つけて外に飛び出すという力になります。

でもこのやり方ではソナタを解放する事が出来ません。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木曜日020

2017-12-13 16:58:10 | 日記
続きです。

怪物ファーブラ・フィクタは現界(げんかい)という宇宙世界に存在しない属性の洗脳術を使っていたのです。

通常であれば大ピンチという状況です。

ソナタの洗脳を解きたくても解くべき洗脳の要素はその時点の吟侍の手に負える属性ではありませんでした。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木曜日019

2017-12-13 16:57:39 | 日記
続きです。

吟侍の事が好きなはずのソナタが、吟侍に対して殺意を抱いています。

それは怪物ファーブラ・フィクタの仕業というのは解るのですが、吟侍のウィークポイント・レシピでもソナタを洗脳した属性が読めません。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木曜日018

2017-12-13 16:56:56 | 日記
続きです。

この戦いはツェーゾがスグェーヨを吸収してあっさりと終了します。

で、最後の予備戦第五戦が吟侍対、怪物ファーブラ・フィクタに感情操作されたソナタという事になりますね。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木曜日017

2017-12-13 16:56:29 | 日記
続きです。

それで、結局、マンジェ・ボワール族は絶滅危惧種族という事になっている存在です。

対するスグェーヨは囁くゴーストであり、ターゲットにした存在に囁き続け、最後には乗っ取るという危ない悪霊ですね。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木曜日016

2017-12-13 16:55:50 | 日記
続きです。

マンジェ・ボワール族のツェーゾ対、フォービドゥン・ゴーストのスグェーヨの戦いですね。

マンジェ・ボワール族は何でも吸収して自分の力にしてしまう種族なので危険視され、排除されていった歴史を持つ存在です。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木曜日015

2017-12-13 16:55:22 | 日記
続きです。

後は、怪物ファーブラ・フィクタがソナタにちょっかいをかけていて、ソナタが吟侍に対して抱いていた不満を増幅させて憎悪に変化させているという事を説明する事になりますね。

おっと、その前に予備戦第四戦の説明をしないといけませんね。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木曜日014

2017-12-13 16:54:57 | 日記
続きです。

それで、明日の説明ですが、まずは、神話の続きですね。

怪物ファーブラ・フィクタがクアンスティータさえ生まれて居れば、お前達の好きにはさせなかったのにという神と悪魔にとっての恐怖の言葉を残します。

それが後の世にまで伝わり、クアンスティータは誕生もしていないのに様々な存在から恐れられる存在となったという説明をすると思います。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木曜日013

2017-12-13 16:54:27 | 日記
続きです。

ところが、神と悪魔が余計な力を送り、単独ではクアンスティータを産み落とす事が出来なくなりました。

という所で時間切れでしたね。

最初に説明した神話の復習をするだけで終わってしまいました。

進んだのはせいぜい、怪物ファーブラ・フィクタの力の説明くらいですね。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木曜日012

2017-12-13 16:54:00 | 日記
続きです。

怪物ファーブラ・フィクタが人間と神と悪魔を憎んでいるのはそう言ったいきさつがあったからです。

レインミリーは魔女ニナのお腹に戻し、最強の化獣(ばけもの)クアンスティータとなって生まれ直す事にしました。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木曜日011

2017-12-13 16:53:33 | 日記
続きです。

神と悪魔の元になった存在は人間達に崇拝されるために、レインミリーを利用します。

レインミリーに人間では耐えられてない様なダメージを全て、彼女に移したのです。

それを知った怪物ファーブラ・フィクタと魔女ニナは激怒します。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加