よったろーのせーさく日記3

よったろーのせーさく日記からの引き継ぎです。
ちょちょいのよったろーと申します。
改めましてよろしくお願いします。

追伸。ホームページを更新しました。

2017-10-08 16:04:00 | 日記
追伸。

ホームページを更新しました。

制作の途中ですが、【よったろー屋本舗】2号店のトップページに今年のプライベート用の年賀状をアップしました。

http://yottaro.parallel.jp/Sitedata02/index2.html

それでは改めましてお休みなさい。

また、明日。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お休みなさい。

2017-10-08 08:11:01 | 日記
それでは、今日はこれで失礼します。

午後になったら制作をしますが午後の挨拶は省かせていただきます。

お休みなさい。

また、明日。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続・火曜日013

2017-10-08 08:10:16 | 日記
続きです。

その後はテララ編、アクア編、ウェントス編と第003話まで話して行く予定にしています。

ルーメン・テネブライ編とタティー・クアスン編についてはその後で第007話まで一気に説明して、それから、イグニス編を第004話からまた説明しようと思っています。

って感じですので、結構かかりそうですね、【ファーブラ・フィクタ】の説明は。

特にアクア編とウェントス編は内容がかなり濃いので、時間がかかりそうですね。

という訳で以上となります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続・火曜日012

2017-10-08 08:09:45 | 日記
続きです。

【抜界】に逃げ去るついでに火の惑星イグニス毎、導造達も巻き込んで消えて行きます。

というのが第003話までの簡単なあらすじになりますね。

クアンスティータが誕生する所までを一旦の区切りとするので、イグニス編は一旦、そこで説明終了になりますね。

この分だと、長くてもそんなに日数はかからないと思っています。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続・火曜日011

2017-10-08 08:09:12 | 日記
続きです。

【死の回収者ファイシャ】はクアンスティータを恐れていて、導造達の体の中に隠れていました。

導造がヘタレなのも元々、こお【ファイシャ】からの影響だったという事が判明します。

導造達から離れていった【ファイシャ】はこの後、クアンスティータ誕生を受けて、そこへ行った者は現界においては存在しないという事になる【抜界(ばつかい)】と呼ばれる宇宙世界に逃げ去ります。

続きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続・火曜日010

2017-10-08 08:08:24 | 日記
続きです。

ニアリリスは合体して三倍の力を持つニアエヴァになって襲って来ますし、戦闘は激化します。

そんな時、【怖い……クアンスティータ怖い】を怯える声が。

その怯える声は圧倒的な力を感じます。

それでも【クアンスティータ】を恐れている。

その声の正体は1番の化獣ティアグラの恋人にして、【死の回収者】と呼ばれる【ファイシャ】と呼ばれる存在でした。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続・火曜日009

2017-10-08 08:07:50 | 日記
続きです。

そこに登場したのは着いてくるなと言ってエテレインと共に留守番をしていたはずの導造でした。

ブリジットが案内していました。

催淫効果で導造を支配しようとするニアリリスですが、ジョージ神父からの仕送りを受けており、ニアリリスの催淫効果に対して抵抗力を持っていた導造は見えないトリガーでニアリリスを叩きます。

それに激怒する古怪。

戦いは導造達VS古怪一派という形になります。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続・火曜日008

2017-10-08 08:07:13 | 日記
続きです。

ヒロイン達が集合した所で今度は別行動する事になって朱理とブリジットはニアリリスEの居る場所に乗り込みます。

途中、ブリジットがどこかに行って、朱理は単独でニアリリスと対峙する事になります。

そこにはニアリリスに操られている東 龍也(あずま りゅうや)がいました。

男性に対して強い支配力を持つニアリリス。

朱理は絶体絶命のピンチに陥ります。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続・火曜日007

2017-10-08 08:06:40 | 日記
続きです。

まぁ、このあたりの話をあんまり詳しく言っても仕方ないので、飛ばしていきますが、そこで怨霊 暗鳴を倒した導造達は今度はオートラブドールのエリアに足を踏み入れます。

その時までにヘスティアとブリジットを仲間にしていましたが、このエリアでは心中相手を探す不死身の少女、クリスティナと吟侍と間違えて導造をサポートにやって来たドジな女神御エテレインが登場しますね。

続きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続・火曜日006

2017-10-08 08:06:12 | 日記
続きです。

話す内容としては、まず最初の冒険として、導造と朱理は二つの方向を選択する事になります。

一つはオートラブドール達の居るエリア、もう一つは怨霊の居るエリア。

導造としては怨霊は怖いし、ラブドールで目の保養をしたい所でしたが、その意見は却下、怨霊教のあるエリアへと行くことになります。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続・火曜日005

2017-10-08 08:05:35 | 日記
続きです。

第003話までを言うと思いますので、それだとヒロイン達の登場する話の他には怨霊暗鳴(おんりょうくらな)→ニアリリス→ニアエヴァ→死の回収者ファイシャで終わりですからね。

内容としてはあんまり無いですね。

ニアリリス達が加わるので古怪(グーグワイ)も出て来ますが、それくらいですかね?

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続・火曜日004

2017-10-08 08:05:09 | 日記
続きです。

3回で終わらせるのもなんですから、もう少し続けましょうか。

昨日は導造編のキャラクター説明をするという所まで書いたと思いますので、その続きをちょっと書きましょうかね。

まぁ、このあたりまで来ると来週ではなく、再来週に話す事になるとは思うのですけどね。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続・火曜日003

2017-10-08 08:04:41 | 日記
続きです。

そこから、カノンだけは普通の冒険とは違っていて、発明や歌、交渉で冒険をしていくと説明しました。

そのあたりの詳しい話は後でしますとも言いましたね。

というのが忘れていた部分ですね。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続・火曜日002

2017-10-08 08:03:54 | 日記
続きです。

そこから、カノンのクアンスティータ学の話になって、クアンスティータ学とはクアンスティータとは直接関係ないけど、クアンスティータを知ろうとする学問でそれによって様々な発見がある学問だと説明しました。

その後、カノンはクアンスティータ学でカノニウムという自分の名前のついた金属を発見して、セカンド・アースでのノーベル賞であるベルノー賞を受賞するという話になりました。

続きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続・火曜日001

2017-10-08 08:03:28 | 日記
それでは、昨日、言った事で書き忘れた事を書きます。

カノンの話になってカノンはクアンスティータ学をやっているという事を言っていたのに昨日は思い出せませんでした。

吟侍達が冒険に出る話になって、ジョージ神父はクアンスティータには近づくなみたいな話をした時、周りはクアンスティータなど居ないと言って一笑に付しましたが、吟侍とクアンスティータ学をやっていたカノンはクアンスティータの存在を信じていたみたいな話をしました。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加