よったろーのせーさく日記3

よったろーのせーさく日記からの引き継ぎです。
ちょちょいのよったろーと申します。
改めましてよろしくお願いします。

お休みなさい。

2017-09-12 13:59:16 | 日記
それでは、この後は制作をしますので、今日はこれで失礼します。

お休みなさい。

また、明日。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファーブラ・フィクタのおさらい020

2017-09-12 13:58:20 | 日記
続きです。

というのが、【ファーブラ・フィクタ】でおさえておくべき要素という事になりますね。

まぁ、全くわかんなかったら、ラスボスのくーちゃんが、力を捨てて、二代目勇者になる物語と考えてもらってもかまいません。

そういうストーリーなので。

複雑な要素が、もの凄く増えますが、基本的にはこの辺りをおさえて置けばオッケーかな?と思っています。

という訳で以上です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファーブラ・フィクタのおさらい019

2017-09-12 13:57:48 | 日記
続きです。

【タティー・クアスン編】は名前がクアンスティータのアナグラムになっていることから偽物のクアンスティータの力を得てしまった少女、タティー・クアスンが、偽クアンスティータとして、クアンスティータに対して悪意を持った存在を取り締まる話となります。

それ以外にも外伝はいくつもありますが、基本的には、クアンスティータが最強で、その利権を多くの存在が狙っている世界観というのは変わりありません。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファーブラ・フィクタのおさらい018

2017-09-12 13:57:16 | 日記
続きです。

【テララ編】が基本的にクアンスティータから逃げ出したストーリーで、主人公は、吟侍の義兄、芦柄 琴太(あしがら きんた)の物語。

【イグニス編】も基本的にクアンスティータから逃げ出したストーリーで、主人公は、吟侍の義弟、芦柄 導造(あしがら どうぞう)の物語。

【ルーメン・テネブライ編】は本筋から外れたストーリーで、クアンスティータを強くする要素を持った、キャリア・フロント・バックという天使と悪魔の間に生まれた女の子が主人公の物語になります。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファーブラ・フィクタのおさらい017

2017-09-12 13:56:45 | 日記
続きです。

次は、それぞれの【本編】でのテーマを書きます。

【ウェントス編】がメイン主人公、吟侍のルートでクアンスティータ本体とぶつかって行くストーリー。

【アクア編】がメインヒロイン、カノンのルートでクアンスティータの側体とぶつかって行くストーリー。

【ファーブラ・フィクタ編】が【ウェントス編】と【アクア編】の合流ストーリーで、クアンスティータの力が最大になっていくまでの物語となっています。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファーブラ・フィクタのおさらい016

2017-09-12 13:56:13 | 日記
続きです。

次は、【ファーブラ・フィクタ】の流れについて書きます。

【ファーブラ・フィクタ】は、本筋のストーリーは、【グランド・スタート】→【グランド・スタート2】→【ウェントス編】→【ファーブラ・フィクタ編】→【セカンド・アース編】→【地球編】で完結となります。

【ウェントス編】から、分岐して、【テララ編】、【イグニス編】、【アクア編】があります。

それとは別ルートで【ルーメン・テネブライ編】と【タティー・クアスン編】や様々な外伝が存在します。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファーブラ・フィクタのおさらい015

2017-09-12 13:55:37 | 日記
続きです。

ウェントス編の第004話では第一本体のクアンスティータ・セレークトゥースの所有する【セレークトゥース・ワールド】という現界より遙かに大きな宇宙世界での物語が展開しています。

基本的に、本体や側体の【固有名+ワールド】という感じで【宇宙世界】に名前をつけています。

本当はもっと凝った名前にしたかったのですが、【宇宙世界】の数が多すぎるのでなるべくわかりやすい様にとそういう形にしました。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファーブラ・フィクタのおさらい014

2017-09-12 13:55:07 | 日記
続きです。

残り24の【宇宙世界】全てがラスボス、クアンスティータの所有する宇宙世界となります。

クアンスティータは7核の本体と17の側体(最終的には13の本体と24の側体にはなりますが)を持っていて、その24クアンスティータが1核ずつ、1つの【宇宙世界】を持って居るという事になっています。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファーブラ・フィクタのおさらい013

2017-09-12 13:54:39 | 日記
続きです。

後、一つはラスボス、クアンスティータの双子の姉にして兄でもある12番の化獣、クアースリータの所有する宇宙世界、【ロスト・ネット・ワールド】になります。

実は、この【ロスト・ネット・ワールド】はクアンスティータ誕生時に無数の他の宇宙が寄り集まって出来た集合【宇宙世界】であり、その中心には本当の【宇宙世界】である【クアースリータ・ワールド】があります。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファーブラ・フィクタのおさらい012

2017-09-12 13:54:12 | 日記
続きです。

残り、27の【宇宙世界】の内、一つは主人公の芦柄 吟侍の心臓と同化している7番の化獣(ばけもの)ルフォスが所有する【ルフォス・ワールド】になります。

吟侍は【ルフォス・ワールド】に様々な勢力を取り込み、力とします。

後は、ルフォスのライバルで互角の力を持つとされている1番の化獣、ティアグラが所有する【ティアグラ・ワールド】もその一つです。

【ティアグラ・ワールド】はテララ編の舞台にもなっています。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファーブラ・フィクタのおさらい011

2017-09-12 13:53:38 | 日記
続きです。

その34の【宇宙世界】の内7つが神と悪魔の勢力が所有している【宇宙世界】となっています。

神が所有している【宇宙世界】が【天界】、【楽園界】、【仙界】の三つです。

悪魔が所有している【宇宙世界】が【魔界】、【冥界】、【幽界】の三つです。

神と悪魔が互いに所有権を主張しているのが人間界にあたる【現界】になります。

基本的な舞台はこの【現界】と呼ばれている【宇宙世界】からスタートします。

神と悪魔が所有している宇宙世界は以上です。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファーブラ・フィクタのおさらい010

2017-09-12 13:52:39 | 日記
続きです。

【ファーブラ・フィクタ】関係において【宇宙世界】は、基本的に34あるとされています。

他にも例外的に6つ【宇宙世界】も存在し、【抜界(ばつかい)】と呼ばれる存在しないことになっている【宇宙世界】もありますが、ややこしくなりますので、それは省きます。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファーブラ・フィクタのおさらい009

2017-09-12 13:52:09 | 日記
続きです。

次は、【宇宙世界(うちゅうせかい)】について書きます。

作中において【宇宙世界】と【宇宙】はイコールではありません。

【宇宙】がいくつも合わさったものが【宇宙世界】と考えています。

つまり、【ユニバース】ではなく、【マルチバース】という事ですね。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファーブラ・フィクタのおさらい008

2017-09-12 13:51:34 | 日記
続きです。

ラスボス、クアンスティータはこの【能力浸透度】と【能力浸透耐久度】が他のキャラクターから飛び抜けた数値を持って居るため、【最強】である理由の一つになっているという事もあります。

それ以外にもクアンスティータしか使えない特別な力をいくつも持っているからでもありますけどね。

他にも理由は腐るほどありますがそれは省きます。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファーブラ・フィクタのおさらい007

2017-09-12 13:50:53 | 日記
続きです。

これを不死身とナイフを例に挙げて説明します。

不死身というのは能力ですが、ナイフが攻撃なので、この場合、【能力浸透度】がナイフ、【能力浸透耐久度】が不死身という事になります。

例えば、ナイフの【能力浸透度】が1で不死身の【能力浸透耐久度】が2の場合、不死身の体に傷つける事は出来ません。

逆に、ナイフの【能力浸透度】が2で不死身の【能力浸透耐久度】が1の場合、不死身であろうと、ナイフは不死身のキャラクターにダメージを与えられるというものです。

そのため、【ファーブラ・フィクタ】においては不死身であろうと大した脅威にはなり得ません。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加