よったろーのせーさく日記3

よったろーのせーさく日記からの引き継ぎです。
ちょちょいのよったろーと申します。
改めましてよろしくお願いします。

お休みなさい。

2017-09-08 10:14:52 | 日記
それでは、今日はこれで失礼します。

この後は、番組を見て過ごします。

では、お休みなさい。

また、明日。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

以上です。

2017-09-08 10:14:14 | 日記
以上が【フィアース・ハーツ】のキャラクター説明文になります。

この作品は序章の状態で、【ファーブラ・フィクタ】本編が終了する時を待つことになります。

他の三作品と共に、【よったろー屋本舗】本店で、まとめて、アップしておこうとは思っていますが、その場合、イラストとかはどうしようか?と思っています。

【ファーブラ・フィクタの後継作品】なので、とりあえず、【ファーブラ・フィクタ】のイラストを当てはめておこうかな?とも考えています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

006 木能 くゆり(きのう くゆり)

2017-09-08 10:13:45 | 日記
 【ちらかし ほうだい】と共に、唯愛の精神的サポートをしている女性。
 【ちらかし】が旅に出てしまったので、彼女は唯愛の屋敷に常駐して、面倒を見ている。
 与粋が唯愛を助けられるかを試す。
 ちょっとエッチなお姉さん。
 何かしら力を持っているようだが、現時点では不明。
 人を見る力を持っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

005 【ディプミラ】

2017-09-08 10:13:16 | 日記
 唯愛が呼び出してしまった謎の存在。
 深いという意味の【ディープ】と鏡を意味する【ミラー】――それを足して略したのが【ディプミラ】という名前の由来。
 与粋とはペーパークラフトを使ったゲームなどでゲームマスターをしている。
 300戦して、300勝しており、与粋に対して負け知らず。
 ペーパークラフトなどを特別な紙に加工する力を持っている。
 与粋とのゲームのゲームマスター以外にも何かあるようだが、それは現時点では不明。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

004 今更 なの(いまさら なの)

2017-09-08 10:12:47 | 日記
 与粋の父親と彼女の母親が再婚し、与粋とは義理の姉弟となった女性。
 美人で気が強い。
 現実主義者であり、想像力を持った遊びに理解が無い。
 【ディプミラ】を見る事が出来ない女性で、与粋の部屋に居た【ディプミラ】に気づく事は無かった。
 与粋の趣味をゴミだと思っていて、彼氏や友達を呼ぶため、撤去を両親に訴える。
 それが、与粋が引っ越すきっかけとなる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

003 【ちらかし ほうだい】

2017-09-08 10:12:16 | 日記
 与粋の親友の謎の青年。
 正体は、唯愛に雇われた祈祷師。
 唯愛の呪いを解くために、その才能を持った人間を探している。
 与粋を見つけ、近づき、彼に想像力を使った遊びを提供する。
 それが、唯愛の妹の一人のゲームであり、唯愛の背中の人面瘡の一つを彼女から与粋に移す。
 与粋以外の他の適応者を探すために、旅に出る。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

002 片出 唯愛(かたいで ゆまな)

2017-09-08 10:11:42 | 日記
 この物語のメインヒロイン。
 幼い頃、謎の存在、【ディプミラ】の封印を解いてしまった事により、両親は時を止められ永遠の眠りについてしまっている。
 彼女は元々、【ディプミラ】の力を受け継ぐ八つ子の一人として生まれる予定だったが、母親の胎内で妹達を吸収し、一人娘として、誕生し、8人分の才能を持った天才児として生を受ける。
 が、吸収した7人の妹がやがて彼女の背中に人面瘡(じんめんそう)として浮かびあがり、彼女に呪いのゲームを持ちかけてくるようになる。
 助けて欲しいと与粋に救いを求めてくる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

001 宇田 与粋(うだ よすい)

2017-09-08 10:11:16 | 日記
 この物語の主人公。
 自分の事を【僕】と呼ぶ。
 気の弱い性格で、想像力以外に特に自慢出来る事は無い。
 趣味として、特別なペーパークラフトと粘土を使った遊びをしている。
 想像力の豊かな者にしか見えない【ディプミラ】を見る事が出来る。
 片出 唯愛(かたいで ゆまな)に恋心を抱いている。
 友達はほとんど居ない。
 唯愛に想像力を買われ、彼女が提供する部屋に引っ越す事になる。
 唯愛には想像力を高く評価されている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のノルマはここまでです。

2017-09-08 10:10:48 | 日記
ふぅ。

今日のノルマはここまでです。

それでは、【ファーブラ・フィクタの後継作品】の第一弾、【フィアース・ハーツ】の序章のキャラクター説明文を公開します。

この物語としては、まだ、本格的にストーリーが動いていない状態でとどめておきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一旦、失礼します。

2017-09-08 08:58:39 | 日記
それでは、作業を続けますので、一旦、失礼します。

では、また。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファーブラ・フィクタ 異聞譚(いぶんたん)005

2017-09-08 08:57:56 | 日記
続きです。

マリアンナの考えを聞いて、それを次の冒険に活かしたり、後悔して泣いたりします。

そして、優しく慰めてくれるというものですね。

こう考えると芦柄5兄弟とかの話と比べてずいぶん、暗い感じのイメージの物語になりそうですね。

という所で5回目になりましたので、次回に続きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファーブラ・フィクタ 異聞譚(いぶんたん)004

2017-09-08 08:57:19 | 日記
続きです。

それがきっかけで、冒険に出て、その失敗や後悔などをまとめて、マリアンナに報告するというパターンが出来るというものですね。

マリアンナ自体は冒険自体には参加しませんが、マークがやって来た行動について、適切なツッコミなどを入れてくれます。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファーブラ・フィクタ 異聞譚(いぶんたん)003

2017-09-08 08:56:48 | 日記
続きです。

マークは教会の懺悔室に自分の事を懺悔しにやっていきます。

これまでの行動への悔恨(かいこん)――それを優しくシスターマリアンナは癒やしてくれました。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファーブラ・フィクタ 異聞譚(いぶんたん)002

2017-09-08 08:56:12 | 日記
続きです。

名前が無いと不便だから、一応、名前を考えておきましょうかね?

何が良いですかね?

そうですね……【シスターマリアンナ】という事にしましょう。

名前は適当に決めました。

特に深い意味はありません。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファーブラ・フィクタ 異聞譚(いぶんたん)001

2017-09-08 08:55:39 | 日記
それでは、【ファーブラ・フィクタ 異聞譚(いぶんたん)】の前期の第5回目という事で考えていきたいと思います。

前回までは、ヒロインは明るい性格にして、主人公の悩みを聞くシスターにしようという所まで考えました。

今回はその続きから考えていきます。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加