goo

で、紀伊國屋梅田本店さんでの<オンナの自由>お渡し会の翌朝は、

 

なんと39周年を迎えられたという、関西のCHO人気ラジオ番組<おはようパーソナリティ道上洋三です♪>(ABC朝日放送)

に、ゲスト出演させていただきました。

 

新刊<オンナの自由>&前日の紀伊國屋梅田本店さんでのイベントに

ついても取り上げていただけ、朝からとっても楽しかったです

 

ていうか、一応私も以前TOKYO FMさんで、番組持たせていただいたりしたので(夜のっ・おしゃれな)

「。。。朝から公共の電波でこんな話してて、大阪って、それでいいんですか

と理性のどこかが時々思ったりしてましたが、

誰も止めてくれる気配も指示もないので、そのままいきました

 

 

アシスタントのしおり姫は、ナチュラルCHOラブリーだし(関西ママちゃんらしくしっかり感もあり)

大阪有名人だという、ナマ道上さん。。

私ははじめてお目にかかり、年下のなんちゃっておかんがいうのもナンですが、

本当に、さすがの人間力めっちゃ優しくて、深い男性なのです。

(しかも、じつは、か・わ・い・い)ふつうに感動しちゃいました。

ほんのちょっとの時間でしたが、大阪の懐と良心を感じました。。

関西なみなさまに愛される、長寿人気番組<おはパソ>さん、納得!

 

そのあとも、書店の皆さま含め、大阪人にいろいろリサーチしてみたら、

 

<道上さんは、親戚のおっちゃんやねん。東京でいう鶴瓶さんよりもっと身近で本音な親戚の。。

ラジオ界のやしきたかじん的なかんじってまとめ理解となりました。あってる?

 

 

そして、当日の朝、読者の皆様が、<おはパソ>さんに先回りして<蝶々さん道上さんトーク楽しみ♡>的な

FAXやご質問メールを何通送ってくださっていたらしく。。ありがとうございました!

その場で知りびっくりしたけど、一緒に盛り上げ参加してくださって、

あーありがたいなぁ、、と。嬉しかったです

 

 

で、放送を聞いてくださった皆様からも、<蝶々さんらしく、脱線しまくりでしたね

本題に入れなくて、道上さんにのびのび迷惑かけてましたね

的なご感想、女神クラブの直メールラインで、続々ごいただけて嬉しいんですが・・・

 

・・・このままじゃ、私があまりにも東京の方からルンルンやってきた、銀座あがりのKYオンナみたいなので(だいぶそうだけど笑)

また次回があったら、ぜひ挽回させてもらいたいです!

 

というか、道上さん&おはパソスタッフさん’sの懐ありがたかったので、

あと2時間くらいはスタジオでお話しさせてほしかったです。笑

 

その後は、

 

なんと、私は朝から、がっつりカレーを食べて(つるはし焼肉希望娘の河出ゆりりんでさえ、食べなかったのに)

 大阪CHO人気書店書店さんめぐり&

それぞれの書店さん用の、直筆サイン本作成させていただきましたーーーー!!

 

大阪のNYスタイル書店!<ブック・スタジオ大阪店>さん、

 

 

店長の越智さんが女性なので、働くいまどき女子にストライク―!!な書籍・雑誌・アイテムなどのラインナップも

見もの×要チェックです上司の小山さんもラブリーで、求められていないのに笑握手しちゃいました。

 

 

紀伊國屋書店<グランドフロント大阪店>さん、

天使キュンの担当・山口さんと、女子魅力コーチングイベントしたいーと

盛り上がりましたこの後の大阪めぐりもついていきたい~というので、

いいよと言いたくなるくらい、可愛いパワフル書店員さんだった。

 

 

そして最後の

茶屋町の、MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店さん。

 

紀伊國屋梅田本店さんともども、

それぞれ、私のサイン本×色紙など、しばし置いていただけるかと思うので、

お近くの方は、あるうちにぜひーーー!!

 

 

しかし、最後の丸善ジュンク堂梅田店(茶屋町)には、

とんでもないおもしろ書店員さんがいたの。。

 

ジャン。副部長のYUKO・中村さん

 

 

私、彼女に誘導され、ほとんど鑑別所の反省部屋みたいなさむーい場所で

サイン本作成したのですが笑、

 

その間も、サイン本書く私の前にたって、まるで嫌がらせのようにマシンガン・浪速トーク。

 

それがあなた、面白いのなんのって涙。

 

もう、ナチュラルに、あはーはーひーひー笑わされっぱなし。

脇腹痛くなるくらい。

 

 

で、頭上でそれ聴きながら私、

しだいに、(なんか大阪こわい・・?書店員さんでも、こんなにふつーに

笑いの偏差値と実力高いの????)と頭が混乱してきた挙句、

(。。。くっ。

このゆーこも、私とおなじく、高齢出産で同じく2歳児の働くママだっていう話なのに・・・

私ぜんぜん負けてる勝てないよ、こんな面白トークの天才!

DNAレベルで笑いのセンスが違う!!)

 

ーーーと、いつの間にか、お門違いに張り合う気持ちまで。

それくらい面白かった。。ゆうこ。副部長。

 

 

でも、やっぱりそーだったの。

周りの人がいうには、

彼女、大阪人の中でも異常な面白さらしく、某なにわのラジオ番組でも<最強の素人あらわる!>

と紹介されたくらいなんですって

 

だよねーだよねー?と

いろんな意味で、ほっ。(はりあわないように笑)

本当に面白くて頭よくて働く書店のママ。

いろんな意味で、東京ではありえないキャラだなー。。。と思いました。

お家でも、旦那さんやまだ年端のいかない幼児まで、そんな無茶に笑かしてるんですか?

って私、涙目になりながら何度も聞いてしまったもん。。あんなおかんを普通に書店さんで

泳がせて出世もさせているだなんて、すごいわ大阪のフトコロ。

  

 

さておき、

 

大阪のみなさま、ありがとうございました!

 

書店の担当さんに直接ご挨拶しにうかがうだなんて、

思えば、<小悪魔な女になる方法>の時以来、10年ぶりくらいかも!! 

 

私にとってもいろんな思い出がつまっている大阪の地にて、当時からの思い出がいろいろ懐かしく思い出されて、

雪の関西で、初心に戻れた気分で。。。本当に新鮮・嬉しかったのです。

 

その後の、雪の京都も、絵画のようで、素晴らしく美しかったです。

 

皆様のおかげさまで、本当に、15、16日と、素敵な誕生日DAYSでもありました

 

おおきに

 

愛と自由と感謝のおもいをこめて。

 

 

 

 

 

2017-01-17 13:08:12 ¦ Weblog ¦ コメント ( 0 ) ¦ Trackback ( 0 )

 

 

おかげさまで、発売さっそく続々重版中の<オンナの自由>。

 

1月15日の本日は、

あちこちでの積雪で新幹線や交通機関遅延ぎみの中、梅田は、紀伊國屋梅田本店さんに

会いに来てくださった、約250名の皆々様ーーー本当にありがとうございました

 

会いたかった顔・顔・顔、気になってたあの子、たくさんのはじめましての素敵なオンナノコや

子供連れのママさんたち。

 

あーーーー楽しかったなぁ。

 

短い時間でしたけど、なるべく少しずつでもお話しできていたらいいんですが。

 

今回は、河出書房新社の担当の千さん&担当営業ゆりりん(いい女体←なんだかんだいいながら、

すぐ触るセクハラ作家)の、

<オンナの自由>女性チームで、共にお渡しさせていただけました。

 

 

大阪・紀伊國屋梅田本店の皆さまも、本当に温かい方々で。

行き来でチラリといろんなコーナーを見させていただきましたが、

なんかいろいろ買いたくなる本屋さんだった。。(子供本も充実していた!)

 

いつも以上にリラックスして、皆さまとの時間を楽しませていただけました。

ありがとうございます。素敵なおやつまでいただいちゃったわ

 

 

 

何はともあれ、

<オンナの自由>、ぜひぜひ、ご愛読いただけますように

 

そしてよければ、あなたの周りの大事なオンナ友達や、おねえさんたちにも、ぜひ~オンナの自由

 

新しい時代。

私はいつも、オンナたちの真なる力を信じてます。よろしくー!

 

 

大阪たのしいです。

どこかゆるっとしてマイペース、やっぱりみんなのびのび、活気があるかんじ。B型なかんじ?

とりいそぎ。明日も楽しもうっと!

 

 

 

 

2017-01-15 23:33:56 ¦ Weblog ¦ コメント ( 0 ) ¦ Trackback ( 0 )

あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願いいたします

 

2017年は酉年ですね。

みなさまが健やかHAPPYかつ、飛躍の一年になりますように

私も、地に足つけつつ、あちこちに羽ばたく予定ですよ~なんか年々元気はつらつ

(卒乳もやっとできたし。2年2か月!やっと品乳に戻ります。

舞台で胸を自慢したりしちゃってた日々、あれは神様がくれたつかのまの夢だったのね・・)

 

 

さて、1月15日大阪、紀伊国屋梅田本店さんでの、お渡し会!

すでに250名様のご予約は完了とのこと。

私もお正月やすみの間に、こつこつ、

魂込めて!しっかりサイン本作成させていただいてます。

関西で皆様とお目にかかれること、お一人お一人の方に手渡しさせていただけること、

今から本当に楽しみにしております。ちょっと珍獣な友達に会う気分で

ぜひ、気楽なかんじでお越しくださいね。

(昔からの参加者さんや女神クラブで直メールくださってる方などは、お名前いっていただけると

けっこうわかると思いますので、もしよければー)

これはCHO当たり(えクジ?)の一冊です~2017・新年だよ金銀Ver.

でも250冊すべて、メッセージ+金か銀かでお化粧サイン本になってます(^◇^)

昨年12月18日の東京三省堂池袋店さんでの200名様とちがって、

大阪はトークショーがないので。。。

でも最初のご挨拶の時間はちょっとあるそうなので、順番初めの方の方は

軽~く、私のゆるい話が聞けるかも

<オンナの自由>の内容はもちろん本気ですけど。

なんか話し方とか態度が私、あんまりキリッとしてないらしいんですよね。

キリッとしてるつもりなんだけどな。

 

<オンナの自由>発売を記念して、

女性の知りたいあれこれ、旬な女子ニュースてんこもり

小学館Woman Insightさんで、インタビューもしていただいてます

 

よろしければ、ぜひ遊びにいってみてください

 


インタビューはコチラから

元小悪魔・蝶々さんが訴えるオンナの自由とは…【インタビュー前編】

「結婚」=「幸せ」本当にそうなの?【インタビュー後編】




じゃまたねー

 

ひさびさの大阪、楽しみです

 

 

 

 

2017-01-07 00:19:25 ¦ Weblog ¦ コメント ( 0 ) ¦ Trackback ( 0 )

『オンナの自由』刊行記念!蝶々サイン本お渡し会開催!IN 大阪!

 

1月15日(日)14時より、紀伊國屋書店梅田本店、店内特設スペースにて、蝶々さんのサイン本お渡し会を開催いたします。

紀伊國屋書店梅田本店で『オンナの自由』【1404円(税込) 河出書房新社】サイン本をご予約いただいた、先着で限定250名のお客様に整理券をお渡しいたします。

 

1月5日10時より、お電話【06-6372-5821】にてご予約を承ります。

紀伊國屋書店梅田本店の告知ページはこちらから。


1月5日以前に本書をお買い上げいただいても、整理券をご予約いただくことはできません。

 

サイン本をご予約いただいたお客様のみ、ご参加いただけます。

 

サイン本を電話でご予約後、イベント当日までに、紀伊國屋書店梅田本店の2番カウンターでお支払いのうえ、整理券を受け取ってください。当日にお支払いされる場合は、早めのご来店をお願いいたします。

なお、当日は写真撮影、録画録音、握手などの行為は固くお断りいたします。

皆さまのご来場をお待ちしております。

 

 

 

というわけで、<オンナの自由>×わたくし蝶々、OSAKAも行きます~。

 

18日の三省堂池袋さんでのお渡し会チケット即日完売・新刊<オンナの自由>好評御礼をうけまして、

・・・開催決定です

 

ただ、今回は会場の都合もあり、トーク・ショーはありません。

お一人お一人様への、サイン本のお渡し会です時間は短めでも、びしっと

愛と自由の新時代パワーをお届けします。

ぜひさくっと会いにきてください~

 

 

 

2016-12-21 17:23:04 ¦ Weblog ¦ コメント ( 0 ) ¦ Trackback ( 0 )

 

 

師走の忙しい中、本日、三省堂池袋書店さんにお集まりくださった約200名の皆様、

本当にありがとうございました(^◇^)

 

 

 

おひとりお一人とのお時間は、短い時間となってしまいましたが・・

個人的にも、とっても熱意込めてる新刊を直接お渡しさせていただけ、

また、いろんなお顔に直接向き合わせていただき、

本当にうれし・楽しかったです!!

 

 

愛しい、可愛い、うれしい、ありがつ、よかった、大丈夫だよ(^_-)-☆、すごい光ちゃんたちキテル~!いろんな思いが胸を去来しました

 

三省堂池袋店のみなさま、

<オンナの自由>担当の千さん、河出書房新社のみなさまも、

本当にありがとうございました。おかげさまで幸せな新刊発売日となりました♡

西もあちこちも、お渡し会に遠征できたらいいなぁ・・・。

 

 

で、

結局質疑応答ふくめ、1時間30分近くとなってしまった、

<本当に、雰囲気じゃない、骨太・肉厚の、リアルなオンナの自由の時代だよっ!>トーク・ショーも、お楽しみいただけましたように!

久々、会場のみんなとちかーいかんじで、良かったなぁ

 

 

何はともあれ、オンナの自由、皆様にお楽しみいただけますように、

そして、フックや呪縛から解放され、オンナが全員!、心底楽に、楽しく、強く、

自由に、豊かに、なっていけますように。

 

ずっとCHOイベントなどで、ヘア・メークしてくれてるかおりちゃんが、

「これこそ、いつもの、すごい素の蝶々さんの話ですねー、本当に自由だし」といってました。

そうね。愛と自由ですよいまどきそれでしょう

 

 

 

 

2016-12-18 12:54:41 ¦ Weblog ¦ コメント ( 0 ) ¦ Trackback ( 0 )
« 前ページ