港町のカフェテリア 『Sentimiento-Cinema』


献立は…  
シネマ・ポップス…ときどきイラスト

旅の友・ポップス編 (133) 『ディサフィナード』

2017-06-20 12:35:50 | 旅の友・ポップス編

『ディサフィナード』 スタン・ゲッツ&チャーリー・バード
”Desafinado” Stan Getz & Charlie Byrd 【YOUTUBEより】


1962年にアントニオ・カルロス・ジョビンが作曲、サックスのスタン・ゲッツとジャズ・ギタリストのチャーリー・バード
という異色の組み合わせによるボサノヴァの名曲です。
いや、ボサノヴァというよりもウエスト・コート系のジャズと言った方が良いのかもしれません。
あまり目立たないチャーリー・バードのクラシック・ギターが曲の雰囲気を大いに醸し出しています。

関連記事
2016-02-17 続・60年代ポップス変遷史 落穂ひろい『ディサフィナード』スタン・ゲッツ & チャーリー・バード
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅の友・ポップス編 (132) 『... | トップ | 旅の友・ポップス編 (134) 『... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅の友・ポップス編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。