港町のカフェテリア 『Sentimiento-Cinema』


献立は…  
シネマ・ポップス…ときどきイラスト

旅の友・ポップス編 (102) 『死刑台のエレベーター』

2017-05-18 13:40:38 | 旅の友・ポップス編

『死刑台のエレベーター』 マイルス・ディヴィス楽団
”Ascenseur pour l'échafaud” Miles Davis 【YOUTUBEより】


ヌーヴェルヴァーグを代表するルイ・マル監督による傑作映画の主題歌です。
この曲はマイルス・ディヴィスが即興で作り上げたものでフランスにおけるシネジャズの先駆けとなり
このあとフランス映画に大きな影響を与え、『危険な関係のブルース』『スエーデンの城』など多くの
モダン・ジャズが取り入れられるきっかけとなりました。

関連記事
2014-03-31 映画音楽史(90)『死刑台のエレベーター』1958年公開

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅の友・ポップス編 (101) 『... | トップ | 旅の友・ポップス編 (103) 『... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。