港町のカフェテリア 『Sentimiento-Cinema』


献立は…  
シネマ・ポップス…ときどきイラスト

旅の友・ポップス編 (78) 『太陽は傷だらけ』

2017-04-24 14:07:44 | 旅の友・ポップス編

『太陽は傷だらけ』 サウンド・トラック
”Les Grands Chemins” Sound-track 【YOUTUBEより】


ロジェ・ヴァディム指揮のもと俳優のクリスチャン・マルカンが監督した同名のフランス映画の主題歌です。
南仏プロヴァンスの殺伐とした高原地帯を舞台に、リンチで両手をつぶされたイカサマ賭博師の復讐劇で、
映像・音楽を含め、後にブームとなったマカロニ・ウエスタンに多大な影響を与えました。

関連記事
2014-08-06 映画音楽史(199)『太陽は傷だらけ』1963年公開

高校生の時に一見しただけでその後観る機会がありません。
これといって素晴らしい映画ではなかったのですがなぜかもう一度見たい作品です。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅の友・ポップス編 (77) 『... | トップ | 旅の友・ポップス編 (79) 『... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なつかしいサントラ盤 (いせえび)
2017-04-24 20:27:26
Chochinさん、こんばんは。
なつかしい「太陽は傷だらけ」ありがとうございます。
私の持っているシングル盤は、もちろんロベール、モノー楽団のサントラ盤です。
映画は見ていませんが、ラジオで聞いて、特に気にいって買ったのでしょう。
高校時代にこの映画を見られたとは!
私は高校時代はほとんど見なかったです。
映画は学生時代、東京のいわゆる名画座で、一本100円で見たのが、初めてといっていいでしょう。
その後はリバイバル、テレビの放映、レンタル、DVDの購入などです。
B面はマリナ・ブラディの「女王蜂」で、この曲も甘美なムードたっぷりで、よく聞きました。
いせえびさんへ (Chochin)
2017-04-25 16:47:35
コメントありがとうございます。
サントラ盤をお持ちとはとても羨ましいです。
私の場合は少ないお小遣いを映画に費やしていましたので
当時はレコードを買う余裕がありませんでした。
レコードはあとでも買えるけれど、映画の場合はこれを見逃すと二度と
観ることができないと思っていましたので。
今思うと『太陽は傷だらけ』もあの時観ていなければ
結果的に生涯未見に終わっていたことでしょう。
そういえば、サントラ盤と称した『傷だらけのテーマ』という
のもよく耳にしたものです。
『女王蜂』はR18指定でしたが高校生の時に封切館で見ました。
これといってエロいシーンはなかったのですが
映倫様のご意向によると、夫婦間の会話がNGだったそうです。
ちょっと肩すかしをくらった感じでした。

コメントを投稿

旅の友・ポップス編」カテゴリの最新記事