港町のカフェテリア 『Sentimiento-Cinema』


献立は…  
シネマ・ポップス…ときどきイラスト

旅の友・ポップス編 (157) 『パリは燃えているか』

2017-07-14 13:31:20 | 旅の友・ポップス編

7月14日はフランスの革命記念日で、日本では俗に巴里祭ともいわれています。
そこで、今日と明日は巴里にちなんだ曲を並べることにしました。

『パリは燃えているか』 フランク・プウルセル楽団
”Is Paris Burning?” Franck Pourcel 【YOUTUBEより】


『パリは燃えているか』映画のエンディングより モーリス・ジャール楽団
”Is Paris Burning?” Final Scene 【YOUTUBEより】


1966年制作のルネ・クレマン監督によるフランス映画『パリは燃えているか』の主題歌です。
この映画は仏・米・独の豪華な俳優陣を揃えた話題の超大作で、きめ細かく小さなエピソードを積み重ねる手法と
当時の実写映像をも利用しながらドキュメンタリー風に描いた力作です。
モーリス・ジャール作曲・自演の主題歌は映画のエンディングで流れてましたが、音楽としてはフランク・プウルセル
の演奏が優れていました。

関連記事
2014-10-23 映画音楽史(266)『パリは燃えているか』1966年公開

この映画よりも4年前の1962年にアメリカで『史上最大の作戦』が制作されていました。こちらも英・米・仏・独の
豪華俳優を並べてノルマンディー上陸作戦を扱った一大戦争スペクタクル作品でしたが、ベルンハルト・ヴィッキ
が監督したドイツ側の仕上がりの良さだけが際立ち、全体としてはどう見ても作りが荒っぽくと残念な結果に
終わりました。特に、ジョン・ウエインはあまりにも滑稽で見るに堪えられません。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅の友・ポップス編 (156) 『... | トップ | 旅の友・ポップス編 (158) 『... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅の友・ポップス編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。