港町のカフェテリア 『Sentimiento-Cinema』


献立は…  
シネマ・ポップス…ときどきイラスト

『デンワでキッス』と『シンデレラ』 ポール・アンカ

2016-10-12 15:55:46 | 名曲セレクション

”Kissin' On The Phone” Paul Anka



1961年にレナード・ ウィトカップが作詞、アール・ウィルソンが作曲したもので、ポール・アンカの自作曲ではありませんが
彼自身が編曲に携わったという珍しい楽曲です。全米では35位というマイナー・ヒットに終わっています。
この『デンワでキッス』はABCパラマウントからの最後のリリースとなったようです。
日本の【今週のベスト・テン】では、1961年11月第3週i登場したもののわずか5週間で姿を消しています。(最高8位)
またポール・アンカのファンが多い【今週のヒットレコード】においては、1961年11月第1週に登場して17週間連続で
ランクイン、6週連続を含めて7度のベスト・ワンに輝いています。

Every night, when I'm all alone,
All I do is call you on the phone,
It rings, ting-a-ling, and this is what we do...Oh, well, we're
Kissin' on the phone, ooo ooo,
Kissin' on the phone, ooo ooo,
When we're all alone, all we're doin' is kissin' on the phone.

↓はポール・アンカの『デンワでキッス』  YOUTUBEより



また、この曲のB面に収められていた『シンデレラ』も同時に小さなヒットとなっていましたのでついでに貼っておきます。
(森山加代子の和製ポップス盤が意外にヒットしていたと記憶しています)

”Cinderella” Paul Anka

Cinderella cinderella, pretty pretty pretty cinderella
It's late now
While your lips were kissin' mine
I forgot to watch the time
And I'm sorry
Cinderella cinderella, pretty pretty pretty cinderella
I promise
Promised we'd be home on time
I bet cha done think
It was just a line Cinderella

↓はポール・アンカの『シンデレラ』  YOUTUBEより


  
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『今夜二人で』 ポール・アンカ | トップ | 『愛してほしいの』 ポール... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (オンリー・ザ・ロンリー)
2016-10-12 20:41:31
僕にとってこの二つの曲は、それまでの曲が家族に刺激されたダイアナとかマイ・ホーム・タウンなどと異なり、クラスメイトと共に青春に突入する時?の曲でしたのでかなり思い入れがあります。もしかしたらエルヴィスより多く聴いたかも知れません。死んでた~・死んでた~、、、(笑)。
オンリー・ザ・ロンリーさんへ (CHOCHIN)
2016-10-13 13:50:33
コメントありがとうございます。
まったくもって同感です。
やはりこの時代のポップスを聞くと
学友たちの面影が重なります。
私も皆と一緒に能天気に
「キッシン・オン・ザ・ホン~チュチュ~ウ~ウ~」
なんて唄っていました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。