港町のカフェテリア 『Sentimiento-Cinema』


献立は…  
シネマ・ポップス…ときどきイラスト

『夢のデイト』 コニー・フランシス

2016-10-17 11:42:18 | 名曲セレクション

”Someone Else's Boy” Connie Francis



『カラーに口紅』『ボーイ・ハント』で日本での人気を決定付けたコニー・フランシスの1961年のヒット曲です。
この曲はアシーナ・ホージーが作詞、ハル・ゴードンが作曲し、アメリカでは『ブロークン・ハート』のB面として
リリースされ、A面のしっとりとしたバラードの『ブロークン・ハート』は全米7位のミリオン・ヒットとなりましたが、
B面の”Someone Else's Boy”はチャートには無縁でした。
日本でも当初はアメリカと同様に『ブロークン・ハート』のB面でタイトルも『サムワン・エルスズ・ボーイ』という
タイトルでリリースされましたがB面の方に火が付き、AB面を逆にして邦題も『夢のデイト』に変更してリリース
すると爆発的なヒットになり、また『ボーイ・ハント』で味を占めた日本語盤もリリースするなどコニー・ワールド
全開となりました。
日本の【今週のベスト・テン】では、1961年11月第3週に登場し年をまたいで18週間連続でランクイン、12月
第2週からは5週連続でベスト・ワンに輝いています。

Wow wow wow wow
In the lonely night
I wake up to find
Someone eise's boy
Always on my mind
But he dosen't know
How much I realiy love him so

↓はコニー・フランシスの『夢のデイト』  YOUTUBEより


↓はコニー・フランシスの『夢のデイト』日本語盤  YOUTUBEより



ニール・セダカの『カレンダー・ガール』を取り上げた時に、
 "これまでのシナトラやドリス・デイなどの大人のスンダード・ポップスに対してニール・セダカやコニー・フランシスの
  登場により、どちらかといえばローティーン向けの能天気な楽曲が多くなって、ポップスのターゲットが低年齢とへ
  進んでいくことになります。 (悪く言えば幼稚化) "
と記述しましたが、『夢のデイト』のヒットによりコニー・フランシスの幼稚化が顕著になってきました。
『ブロークン・ハート』よりも『夢のデイト』の方を選んだ日本のポップス・ファンが幼稚化していたのかもしれませんね。


『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『カラーに口紅』 コニー・... | トップ | 『大人になりたい』 コニー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。