港町のカフェテリア 『Sentimiento-Cinema』


献立は…  
シネマ・ポップス…ときどきイラスト

旅の友・ポップス編 (103) 『ナポリに帰りて』

2017-05-19 12:20:04 | 旅の友・ポップス編

『ナポリに帰りて』 ナナ・ムスクーリ
”Retour a Napoli” Nana Mouskouri 【YOUTUBEより】


歌姫と称される女性歌手は世界に数多くいるようですが、真の世界の歌姫とよばれるにふさわしいのは
ギリシャ出身のナナ・ムスクーリだといわれています。
しかし1960年代の日本ではどちらかと言えばかなりマイナーな存在で大ヒットもありませんでした。
私が彼女を知ったのは 『ナポリに帰りて』が1962年の春にラジオ大阪のベストテン番組『今週のヒットレコード』に
登場し、二週連続で8位になった時でした。その後も『アテネの恋唄』が五週連続でベストテン入りし(最高5位)
『アテネの白いバラ』なども耳にしましたが『今週のヒットレコード』以外で聞くこともなく、いずれも大ヒットには
至っておりません。(当時は能天気なロックンロールが主役でしたから)
ナナ・ムスクーリは今や世界で最もレコードの売り上げが多い歌手の一人として有名なのですが
当時の日本で実質的なヒットもなく、存在自体もあまり知られていなかったことは淋しい限りです。

ついでに彼女の『アテネの白いバラ』を張っておくことにします。
”Weiße Rosen aus Athen” Nana Mouskouri 【YOUTUBEより】


関連記事
2014-03-15 ポップス・ベストテン 1962年3月 その3

ナナ・ムスクーリに関する【ウィキペディア】抜粋
1934年10月13日、クレタ島に生まれた。子供時代は『ナナ』というあだ名で知られていた。
全世界で300万枚以上のレコード、450枚のアルバムを発売し、15カ国の言語(ギリシア語、フランス語、
英語、スペイン語、イタリア語、ドイツ語、ラテン語、ポルトガル語、日本語など)で約1500曲の歌を発表した。
また、世界中で230以上のゴールドおよびプラチナディスクを記録している。
世界で最も、レコードの売り上げが多い歌手の一人であり、その売り上げ枚数は、2億3000枚以上ともいわれる。
(後略)


『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅の友・ポップス編 (102) 『... | トップ | 旅の友・ポップス編 (104) 『... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅の友・ポップス編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。