港町のカフェテリア 『Sentimiento-Cinema』


献立は…  
シネマ・ポップス…ときどきイラスト

旅の友・ポップス編 (183) 『シャンゼリゼのブルース』と『夜に咲く花』

2017-08-09 15:46:35 | 旅の友・ポップス編

『シャンゼリゼのブルース』 サム・テイラーのテナーサックス
”Quien Sera” Trio Los Panchos 【YOUTUBEより】


『夜に咲く花』 レイ・アンソニー楽団
”Champs Elysees” Ray Anthony 【YOUTUBEより】


この曲は1960年にウェルナー・ミューラー楽団の名トランペッターであるハインツ・シャハトナーが作曲しました。
1961年にサム・テイラーがカヴァー、1961年の末に【L盤アワー】で紹介されて小さなヒットになりました。
同時期にムード音楽畑のレイ・アンソニーもこの曲を取り上げて聴きやすいポップス調にアレンジしています。
何故かタイトルが違いますが同一の曲です。

関連記事
2016-09-16 名曲セレクション 『シャンゼリゼのブルース』 サム・テイラーのテナーサックス
2016-09-17 名曲セレクション 『夜に咲く花』 レイ・アンソニー楽団

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅の友・ポップス編 (182) 『... | トップ | 旅の友・ポップス編 (184) 『... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅の友・ポップス編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。