港町のカフェテリア 『Sentimiento-Cinema』


献立は…  
シネマ・ポップス…ときどきイラスト

旅の友・ポップス編 (149) 『ダニー・ボーイ』

2017-07-05 13:20:04 | 旅の友・ポップス編

『ダニー・ボーイ』 ハリー・ベラフォンテ
”Danny Boy” Harry Belafonte 【YOUTUBEより】


『ダニー・ボーイ』 マハリア・ジャクソン
”Danny Boy” Mahalia Jackson 【YOUTUBEより】


原曲はアイルランド民謡『ロンドンデリーの歌』で、1913年にはF・E・ウェザリーが詩を付けて『ダニー・ボーイ』となり
スタンダード・ナンバーとなりました。
『ダニー・ボーイ』は出征して家を出た息子の事を思う親の切ない心情を綴ったもので、この曲の双璧ともいえる
ハリー・ベラフォンテとマハリア・ジャクソンが切々と唄い上げています。
歌詞の中の
「けれど、花々が枯れ落ちるとき、もしお前が戻って来ても、私はもうこの世にいないかもしれない」
という心境が老いた親の悲しみを見事に物語っています。
1913年といえば第一次世界大戦の前年で、当時としては珍しい静かなる反戦歌ですね。

関連記事
2016-03-16 名曲セレクション 『ダニー・ボーイ』ハリー・ベラフォンテ
2016-03-17 名曲セレクション 『ダニー・ボーイ』マハリア・ジャクソン
2016-03-18 名曲セレクション 『ダニー・ボーイ』サム・テイラー と シル・オースチン

好戦的なあの方には「こんな歌に負けるわけにはいかない」と一蹴されてしまうかもしれませんね。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅の友・ポップス編 (148) 『... | トップ | 旅の友・ポップス編 (150) 『... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅の友・ポップス編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。