港町のカフェテリア 『Sentimiento-Cinema』


献立は…  
シネマ・ポップス…ときどきイラスト

旅の友・ポップス編 (191) 『世界の果てに』

2017-08-17 12:36:04 | 旅の友・ポップス編

『世界の果てに』 ブレンダ・リー
”The End of The World” Brenda Lee 【YOUTUBEより】


1962年にシルヴィア・デイが作詞、アーサー・ケントが作曲、愛する人を失った悲しみを切々と綴ったバラードで、
1963年にはスキーター・デイヴィスが唄って全米でミリオン・セラーの大ヒットとなりましたが、当時の日本では
チャートにも話題にもあがっておりません。
この曲が広く知られるようになったのは1964年春にリリースされたブレンダ・リーによるレコードでした。
ブレンダも日本では『ダイナマイト』『タ゜ム・ダム』『淋しくって』などのマイナー・ヒットはあったもののヒットチャートを
揺るがすような人気はありませんでしたが、1963年の『愛の讃歌』『サンフランシスコの思い出』『世界の果てに』の
三部作で大きく開花しました。

関連記事
2016-08-31 名曲セレクション 『エンド・オブ・ザ・ワールド』スキーター・デイヴィス
2015-07-04 60年代ポップス変遷史 1964年3月

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅の友・ポップス編 (190) 『... | トップ | 旅の友・ポップス編 (192) 『... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅の友・ポップス編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。