港町のカフェテリア 『Sentimiento-Cinema』


献立は…  
シネマ・ポップス…ときどきイラスト

旅の友・ポップス編 (191) 『世界の果てに』

2017-08-17 12:36:04 | 旅の友・ポップス編

『世界の果てに』 ブレンダ・リー
”The End of The World” Brenda Lee 【YOUTUBEより】


1962年にシルヴィア・デイが作詞、アーサー・ケントが作曲、愛する人を失った悲しみを切々と綴ったバラードで、
1963年にはスキーター・デイヴィスが唄って全米でミリオン・セラーの大ヒットとなりましたが、当時の日本では
チャートにも話題にもあがっておりません。
この曲が広く知られるようになったのは1964年春にリリースされたブレンダ・リーによるレコードでした。
ブレンダも日本では『ダイナマイト』『タ゜ム・ダム』『淋しくって』などのマイナー・ヒットはあったもののヒットチャートを
揺るがすような人気はありませんでしたが、1963年の『愛の讃歌』『サンフランシスコの思い出』『世界の果てに』の
三部作で大きく開花しました。

関連記事
2016-08-31 名曲セレクション 『エンド・オブ・ザ・ワールド』スキーター・デイヴィス
2015-07-04 60年代ポップス変遷史 1964年3月

コメント
この記事をはてなブックマークに追加