港町のカフェテリア 『Sentimiento-Cinema』


献立は…  
シネマ・ポップス…ときどきイラスト

映画音楽史(282) 『ジョージー・ガール』 1967年公開

2014-11-12 08:52:17 | 映画音楽



『ジョージー・ガール』 Georgy Girl (英) 1966年制作
監督 シルヴィオ・ナリッツァーノ
音楽 トム・スプリングフィールド
主演 ジョージー … リン・レッドグレーヴ
    ジョス … アラン・ベイツ
    ジェームズ … ジェームズ・メイスン
    メレディス … シャーロット・ランプリング
主題歌 『ジョージー・ガール』 ( Georgy Girl ) 唄・シーカーズ

マーガレット・フォスターの小説をもとに、心の暖かい娘が他人の子供を連れて結婚するまでを描いた爽やかな作品。
ジョージーはのっぽでデブな保母さんである。ジョージーのルームメイトだったメレディスがジョスと結婚して彼の子供を出産
したものの夫子を捨てて家出をしてしまった。仕方なくジョージ―はジェスと二人で子供を育てることにするが今度はジェスが
子供を置いて家出した。そんな時、突然妻を亡くした中年の資産家ジェームズがジョージ―に結婚を申し込む。ジョージー
は他人の赤ん坊を連れてジェームズに嫁ぐ。

主題歌の『ジョージー・ガール』はジム・デイル作詞、トム・スプリングフィールド作曲によるもので人気フォーク・グループの
シーカーズが唄ってヒットしました。ちなみに作曲者のトム・スプリングフィールドは『この胸のときめきを』で一世を風靡した
ダスティ・スプリングフィールドの実兄です。

Hey there, Georgy girl
Swingin' down the street so fancy-free
Nobody you meet could ever see the loneliness there
inside you

↓はシーカーズの『ジョージー・ガール』 YOUTUBEより


コメント
この記事をはてなブックマークに追加