丸刈りらいおんのしっぽ。

日常の事をつらつらと~♪

個人的には1を超えられなかった『探偵はBARにいる3』

2017年12月07日 | 映画&DVD~☆4☆~
映画館で見てきた



待ちに待った作品で期待に期待を重ね過ぎたせいか
あれ?何だか浅い気が・・・
探偵と高田の安定あるコンビ、安藤玉恵ちゃんにマギーさんに田口トモロヲさんに松重豊さんもきっちり揃っていて、必ず登場の美人依頼人は本当に美しかった北川景子さん
今回のラスボス役にはリリーフランキーさんという申し分ない方々だというのに何だか物足りなく感じた

お話は生きる気力を失った女・マリがヤクザの組長の愛人までのし上がり、その組長への反乱を巻き起こすという書いてしまえば何て短いんだろう・・・って内容なんだけど、このマリの過去が悲しくて、そして未来も悲しい結末・・・

過去の話をもっと掘り下げれば感動も違ったし、最後は仕留めること出来ないしで・・・何だかなぁ
あと個人的に大根だと思ってる前田敦子さんが出てて、これまたびっくりといういか吐きそうなほど下手・・・
嘘泣きっぽく見せてる演技なのか本当に泣きを見せたいのかもう酷すぎて全くわからん・・・
最後の嘘泣きすら寒気がした
『モヒカン故郷へ帰る』見た時も同じような演技だったなぁ・・・とか

今回はアクションシーンをあえてスローで撮るというやり方だったそうですが、何だかこれも迫力なく見えてしまい、2で見た路面電車1両丸ごと大乱闘とかフローラのお店での水びしゃにしゃになりながらのあの乱闘シーンが大好きだったので、これも残念だった
でも高田が四苦八苦するシーンは新鮮だったけど

リリーフランキーさんの組長も迫力あって素晴らしかったけど、勝手なイメージで『探偵はBARにいる』の作品には合わない敵役だと思った
1で登場する高島政伸さんの敵役が一番このシリーズにあってた

北川景子さんは正直演技は上手いとは思わないけど、本当に美しくて最後に見せる表情に泣いてしまった
※拳銃突きつけて「ゴー(5)」って叫んだとき三軒家さんかと思ったよ、家売る女の

何でこんなにいろいろ違うんだろう・・・って思ったら
監督さんが変わってた
納得
あっだから今回はポロリも無いのか・・・
納得

何だかんだでどうしても比べてしまうし、個人的には1の小雪さんの最後が本当に綺麗で切なくて儚くてこれは超えられませんでした・・・
せめて最後リリーを撃ってればなぁ・・・

でも久し振りの名コンビを見れたのは嬉しかったです

次の作品に期待!!という事で今回はです
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『探偵はBARにいる3』 | トップ | あるもので何とかならないか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画&DVD~☆4☆~」カテゴリの最新記事