鬼平や竹鶴~私のお気に入り~

50代後半の中年オヤジがお気に入りを書いています。

お気に入りその1352~ルーペ

2017-04-19 12:11:16 | 鬼平・竹鶴以外のお気に入り
今回のお気に入りは、ルーペです。

以前「苔とあるく」を読み、春になったら苔を観察しようと思っていました。
札幌の桜の開花は、今月末から5月始めころとのこと。
苔はもう楽しめそうです。

ということで今回、苔の観察の必需品であるルーペを買いました。

①Vixen ルーペ メタルホルダー M20S 4309-01 1,629円
・サイズ:高さ50×幅25×厚さ11mm
・本体重量:39g
・材質:真鍮、ガラスレンズ (二枚レンズ)
・倍率:10倍
・レンズ径:20mm
・生産国:日本
・収納式メタルケース

②Vixen ルーペ ポケットルーペ ポケットリーディングルーペ P45N 41361-4 495円
・サイズ:高さ120×幅55mm
・本体重量:30g
・材質:ビニール、ガラスレンズ
・倍率:3.5倍
・レンズ径:45mm
・生産国:日本

本当は①のメタルケース式のルーペだけのつもりだったのですが、2,000円以下だと送料が500円かかるそうなので、②を追加しました。
合わせて2,124円なり。
①だけなら2,129円(1,629円+500円)だったので、逆に安くなりました。
何だか不思議。

「苔とあるく」には、②のルーペも紹介されていたので、一挙に両方が揃ってラッキーでした。

さて同書にもルーペの使い方が紹介されていましたが、ここではwikibooksの記事を引用します。
=====
中学校理科 第2分野/身近な生物の観察
ルーペの使い方
ルーペを目の近くに近づけたら(眼鏡ぐらいの位置)、ルーペは動かさない。
ピントがあわない場合などは、観察物を動かせる場合は対象物を動かす。
観察物を動かせない場合には自分(観察者)が移動する。
=====

そうそう「苔とあるく」にも、そう書いていました。
石垣の苔を観察するため、石垣にへばり付くように立ち、じっと観察していると、猫が不思議そうに寄ってきた、なんて書いていました。

とりあえず今は、石版画や銅版画で描かれた博物図版を観察して練習しています。
顔にルーペを寄せて固定してから、対象物を動かして焦点を合わせる、というのは簡単なようで難しいものです。
逆に、対象物を固定して、顔とルーペをセットで動かして焦点を合わせるのは、もっと難しいです。
屋外で使うときは、難易度がさらに増すことでしょう。
練習しておいて良かった。

それにしても、この歳になるまでルーペの正しい使い方を知らなかったなんて、自分でも不思議。
新しい世界が広がったようで、子どもみたいにウキウキしています。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お気に入りその1351~アンモ... | トップ | お気に入りその1353~JBL »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鬼平・竹鶴以外のお気に入り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL