千代田グルメ遺産

首都東京の中心部「千代田区」内にある名店の蕎麦や寿司など、未来の世代に引き継ぐべき貴重な食物遺産を紹介しています。

源吉兆庵(丸の内)の「粽(ちまき)」

2017年05月05日 | スイーツ・菓子
【平成29年5月5日 調査・登録】
 本日5月5日は、五節句のひとつで男子の成長と出世を祝う「端午の節句」です。「端午の節句」といえば「柏餅」や「粽(ちまき)」が定番です。柏は新芽が出るまで古い葉を落とさないため、家系が絶えないことの象徴とされてきました。

 ◎これまでの端午の節句の調査・登録
  《平成28年の調査・登録:庄之助の「柏餅」
  《平成27年の調査・登録:文銭堂の「柏餅」
  《平成25年の調査・登録:叶匠寿庵の「柏餅」
  《平成24年の調査・登録:竹隆庵岡埜の「柏餅」
  《平成23年の調査・登録:鶴屋八幡の「柏餅」
  《平成20年の調査・登録:宝来屋の「柏もち」
  《平成19年の調査・登録:とらやの「柏餅」「粽」

ということで今日は「源吉兆庵」の「粽(ちまき)」です。「源吉兆庵」は昭和22(1947)年創業の老舗和菓子店です。
《前回の「源吉兆庵」の調査・登録:陸乃宝珠


粽(ちまき)はねっとりとした食感が美味です








 ごちそうさまでした。

★源吉兆庵 KITTE丸の内店
  所在:千代田区丸の内2-7-2KITTE内
  電話:03-6256-0875
  品代:粽(3本)800円
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マザー牧場 milk bar(外神田... | トップ | 東京から揚げバル(丸の内)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

スイーツ・菓子」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL