QLOOKアクセス解析

カードゲームとプリンター②

 前回、完全にプリンターが壊れてしまい新しいプリンターを買うことになったのですが、何気に寄った量販店でEPSONのPX-A640が1万円ちょっとで売っていて、「コピー機の機能まで付いたプリンターが1万円!!」って言うのにとても驚きました。
 前にプリンターの購入を考えた数年前は、プリンターは最低でも2~3万円時代でしたから…。これを見てかなりグッときて、まずはEPSONとCANONのカタログだけ貰って家で検討することにしました。

 買うに当たってその最たる用途は、勿論このカードゲームの印刷です。(*^_^*;)

 今の1500円と言う価格を維持するためにも、ランニングコストは譲れず、あと現状問題となっている唾対策としての防水性が強化されれば言うことが無いということで検討に入りました。

 まずは、前から気になっていたEPSONの「つよインク」。特につよインク200Xと言うのは、防水性があると銘打っていて、「これだ!」と思いました。しかも量販店で見たPX-A640が対応機種だったので、かなりこれを買う方向に傾きました。

 しかし、ここで問題となったのがランニングコスト。実際は使って見てからでしょうが、この機種のLサイズの写真で21円。同じぐらいのCANONでは13円とかなり違います。A4サイズを両面20枚も印刷するのですから、このランニングコストの差は結構きます。
 一応、メーカが表示しているランニングコストだけでなく、ネットで調べてみると、総じてEPSONの機種はインクの無駄使いが多いとか、目詰まりを起こしたなどのレビューがあがっています。

 そこで、今度はCANONを検討。CANONのインクの防水性は…と調べてみると、どうもインクには顔料インクと、染料インクの2つがあり、顔料インクが油性で水に強く、染料インクは水が付くと滲むことが判りました。
 CANONは、1つの機種を除いて、その殆どが染料インクないしは黒色だけが顔料インクで、EPSONほど防水性を求めることが出来ません。どうもCANONはCANON製の用紙が良いらしく、染料インクでも専用紙を使うことで、多少の防水性や発色の良さが得られるみたいです。しかし、紙をコストの都合、コクヨのマルチカード用紙に決めているので、CANONの専用紙は使えません。

 そして、残る防水性がある1機種とは、最近出たばかりのMX7600。こちら専用のクリアインクを普通紙に先に付着させ、CANONの専用紙並みに紙質を改善させた上で、その上から顔料インクを付着させるという途轍もないコンセプトで作られた機種です。
 こちらそのコンセプトだけで、かなりグッと来ました。

 しかし、本体価格が6万円、重量が16kg、そしてEPSONほどじゃないにしろクリアインク代が余計に掛かるランニングコスト。そして出たばかりなので、インクがあまり売られていなく(=安売りしていない)、またリサイクルインクも出ていない…と問題点が多々あります。

 もし、1年後にプリンターを購入するのであれば、MX7600にしたかもしれませんが、結局何よりもランニングコストを重視し、CANONのMP610を選択しました。
 こちらは最初見たEPSONのPX-A640の対抗機種であるMP470の2つ上位の機種。MP470がランニングコストが悪く除外され、その1つ上のMP520と、このMP610との検討でしたが、ランニングコストは同じでMP610の方が4000円ぐらい本体価格が高いのですが、印刷スピードが速いのと両面印刷が出来ることから、初期投資をすることにしました。

 2週間ぐらい機種選定に悩んで買ったMP610ですが、防水性は今までどおりで唾には相変わらず弱いのですが、印刷スピードと両面印刷が出来ることからカードゲームの量産がすこぶる楽になりました。やはり前のプリンターと印刷位置が微妙にズレるので現在も紙を無駄にしながら印刷位置を調整しています。また、色合いも異なるので、前のプリンターで印刷したカードと混ぜては使えないですね。

 後は、幾つか量産してみてインク代が1部あたり今の1500円以内で作れるのかを見極めないといけませんね。(~_~;)


オリジナルカードゲーム 植民地戦争
gooあしあと は こちらのURLから↓
http://www.ac.cyberhome.ne.jp/~usa_neko/
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )
« ローマ人のサ... 洞爺湖サミッ... »
 
コメント
 
 
 
ランニングコスト (GTO246)
2008-06-30 01:44:06
はじめまして。BGGで拾ってきたpdfとかメビウスの古い和文とか(汗)自作和文マニュアル等を自宅で印刷しているモノです。
もしランニングコストを気にしておられるのでしたら、
http://www.daiko2001.co.jp/ink/product/canon/pro-7ecom.shtml
「代替えインク」としては、ここのこれがコストパフォーマンス最高です。
私はお使いの機種の一つ前の型番であるMP600を使っているのですが、フルカラーでA4を50枚程度印刷するとインクがカラになります。(余りにもインクが早くカラになるので驚きますよ)
で、その度にインク全部で\5000(まぁ個別に減るのでちょっと時差はありますが)ですから、ランニングコストがシャレになりません。
「詰め替え」は自分でちょこちょことやらねばならず、手も汚れるので100点満点とは言い辛いのですが、とにかく「純正インク」よりコストが1/10程度になるのは確かです。
今のところ(まだ詰め替え4回程度)ですが、目詰まりなどの問題は、私は起こっていません。
当然、最後は自己責任となるのですが、「とにかくコストパフォーマンス」を考えでしたらお薦めですよ。
 
 
 
Unknown (探偵の)
2008-07-01 14:07:23
オンデマンドで出力すると51部で60100円だな。
奇麗な両面カラー。
金額的には許容範囲内かな?
100部やればもっと単価は落ちるけど。
 
 
 
ありがとです! (千夜)
2008-07-02 20:24:45
GTO246さん
有益な情報ありがとうです!純正じゃないインクの使用は頭にありました。しかし、ICチップなど付いていてガードが掛かっているのを気にしていたのですが、そこを取り外せるとは…
検討してみます。

探偵のさん
51部で60100円なら全然OKですよ! それってどこかの印刷所?
 
 
 
Unknown (探偵の)
2008-07-03 16:16:41
リスマチックって所
http://www.lithmatic.net/lithApService/index.jsp?pg=onde
ここで見積もりできるよ。
もっとマイナーな所だともっと安いけど
品質や利用のし易さなんかだとここかなと思う
 
 
 
Unknown (探偵の)
2008-07-04 11:34:57
ごめん、勘違いしてるかも
両面A4、20枚印刷って、20種類?
それとも10枚で裏表で20って事?
A3、5枚で計算してた。10枚なら倍で
コスト的に全然合わないね
 
 
 
残念。 (千夜)
2008-07-06 08:45:40
うん。20枚です。200枚ほどのカードを使う植民地戦闘はかなりの大作なのかもしれません。
それを1500円と言うのは暴挙な安さだったかも。
他の印刷所や他にカードゲームを作った方を参考にしてもちょっと難しそう。

まあ新しいプリンタに頑張って貰います。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。