QLOOKアクセス解析

【イベント】ゲームマーケット2013春 レビュー1 自分のところ

 昨日ゲームマーケットを終えての感想のようなものです。前回の秋に続いて樹ブロックでのイベントスペースを行いましたが、相変わらず凄まじかったと言うのが感想です。
 実は、事前にツイッター検索や、ブログやホームページのアクセス解析をしていたのですが、頑張ってゲームマーケットの掲示板に出していたのですがあまり反応が無く、前にブログに書いたNEVERまとめに載ったのと、恐らくニコ動の生放送で取り上げられた?(見なかったので確証なし)ぐらいでしたので、新作も無いので苦戦すると思っていたのですが、そんな心配は無くお陰様で開始40分ぐらいで完売となりました。(まあ持ち込み数は少ないのですが…)

 イベントスペースの方もかなり盛況でした。樹ブロックはものが立体なので、見ているだけで楽しさが伝わりやすく、1度遊びだすと前回もそうだったのですが、目につくと止まってくれて遊んでいる様子を見守ってくれます。そして終わるとそのまま次に遊んでくださると言う連鎖になって、2卓はずっと途切れることなく回転してました。1ゲームの参加者が4名、7回ぐらいでそれが2卓なので50人ぐらいの方に遊んで頂いた計算でしょうか…
 多くの方に楽しんで頂きました。


 特にメトロポール・パラソルは4人ぐらいで遊んで貰ったのですが、けっして4人グループと言う訳ではなく、3人の家族におひとり様とか、2人組が2組とかと言った具合です。知らない人と一緒にあそぶのはどうかと思いますが、だんだんとブロックが積まれるうちに、「ここに置けますよ!」とか「こう言った風に置くのはどうでしょう?」と周りがアドバイスをするようになり、「このブロックを使っちゃって大丈夫?」「いいですよ、使ってください!」と相談しながら積み上げて行くようになります。最後はみんなで立ち上がって真剣にブロックを置ける場所を探し、危ういバランス状態のブロックにハラハラドキドキしながら、ブロックを積んでいく…
 そんな状態で積むからこそ、最後まで積まれると喜びはひとしお。そんな感じもギャラリーに伝わるのか、自然に拍手が起こります。

 少し、気になったのは小さな子供にはちょっと難しすぎるかな…。小学生なら大丈夫かと思ったのですが、高学年にならないと上手く積めないみたいです。特に「はみ出す」と言うルールが難しいみたいです。そんなときは単純に高く積むグライヴィッツ・タワーの方を遊んで頂きました。

 あと、かなり意外だったのは、女性の方が多かったこと。半分近くが女性だったかと思います。空間認識能力は男性が高いと言われているので、こう言った積むゲームは男性の方が好きかと思ったのですが、意外にも女性ウケが良かったみたいです。

 また、売り場では売り物が無くなったので、新作の陣取りゲーム「ガウロンセン」を遊びました。私が4戦して、他の売り子さんが1戦と1戦、それに2人で来て対戦してくださった方も居たので、7戦も出来ました。

 ちなみに他の売り子さん2人はハンデをつけても勝利していましたが、私は4戦3負。そのうち1戦はハンデ分が無かったとして大敗と言うぐらいの負けで、製作者の面子まるでなしです。
 どうしてもゲームは家族や仲間内でしか遊ばないので、こう言った場で違う人と遊ぶと、新鮮で楽しいものです。ツイッター検索で楽しかったと書き込んでくださった方も居られますので、本当に大勢の方に楽しんで貰ったと思いますが、何よりも自身でもとても楽しい時間を過ごすことが出来た次第です。

 是非、今後もいろいろな場所で遊べたらと思うこの頃です。QLOOKアクセス解析
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 樹ブロック:... ゲームマーケ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。