千歳山研究所

ふるさとの名山、千歳山に思いをはせる野鳥写真初心者

大落古利根川

2017年01月04日 | 野鳥

大落古利根川に野鳥を探しに自転車でちょっと遠出。

古利根堰から春日部の埼葛橋まで、のんびりと土手を走ってきました。

思ったよりも鳥の数は少なかったというのが率直な感想です。

カワラヒワというぐらいですから河原にいて当然ですが、実際に河原で見られるのはそれほど多くない。

 

 

イソシギ。最も身近なシギで、「磯」とついていますがこのような河原で普通に見られるとのこと。

 

 

 

 

イソシギかと思って近づくと、間合いをはかる間もなく対岸にフライアウェイ。

拡大してみるとタヒバリのようにも見えます。次に期待しましょう。

 

 

 

こちらは数も多く、それほど警戒心が強くないイカルチドリ。

 

 

 

セキレイはよく見かけました。よく鳴き、よく飛び、よく歩いて、よくケンカしてます。

 

 

 

あとはツグミ。こちらは土手を走っていると草地のあちこちから飛び出してきます。

 

このほかダイサギ、チュウサギ、アオサギ、ユリカモメ、ムクドリ、キジバト、ジョウビタキなど。

カモ類ではカイツブリ、コガモ、ヒドリガモ、カルガモなどがポツン、ポツンと数羽でいるのを見かけました。

 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まつぶし緑の丘公園 | トップ | まつぶし緑の丘公園 »
最近の画像もっと見る