カタカナ・ミステリー大全

洋物のミステリーの読書日記。原則は文庫本のみ。

アメリカの警官は、ドーナッツが大好き!

どうぞ、召し上がれ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『屈折率』佐々木譲 講談社文庫

2008-09-04 22:25:56 | 和物
最近、警察小説が好評の佐々木譲。今回は元商社マンが親族経営のガラス会社の社長となる物語。そこに女性ガラス工芸作家登場。こうやって書くとなんだかだが、再建ネタはちょっと面白い。☆☆☆。とは言え、この小説、ジャンルは何だろう。別にいいかもしれないけれど、勿論ミステリーではないし、読むのに飢えている時にはお勧めです。ということかな。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『鎮火報 Fire\'s Out』日明... | トップ | 『彼女はたぶん魔法を使う』... »

コメントを投稿

和物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL