あるがままのプラモ人生

物心ついたときから作ってきた「プラモデル」について

プラマックス ネーネ再塗装

2016年10月08日 | フィギュア

バーニィを作った後、ネーネと並べた時の違和感が半端ない・・・・

んー・・・塗りなおすか!

という訳でネーネ再塗装。

まずは使い古しのジプロックにネーネちゃんを入れて

そこにラッカー溶剤(自分はガイアノーツのモデレィト溶剤を使用)をヒタヒタに漬かるぐらい入れる

そのままジャブジャブしたりしつつ30分程放置

で、塗料が落ちたらば取り出して乾燥

まだ初心者の頃、シンナーにプラ漬けて解けないの?ってドキドキしてたのは初々しい思い出。

知り合いにも聞かれたけど、プラモ用の塗料溶剤のレベルだと30分やそこら漬けたところで問題は起きてない。

ただし、取り出した直後はプラが柔らかくなる場合があるのであまり強い力で掴んだりとかは気を付けた方が良い、念のため。

で、またもや赤いラインに苦しめられつつ再塗装完了。

前回はプラ素材の色を生かした塗装方法で(いうと手抜き)済ましていたが今回はバーニィと同じく全塗装。

ブーツやベルト、帽子の鍔部分は光沢に、そのほかは艶消しにと光沢も変化を付けた。

バーニィちゃんとのツーショット。

違和感無くなったと思われ。

グローサーフントの前に立たせて完成。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  PLAMAX MF-02 minimum fact... | トップ | バーニィ用オリジナルバイク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

フィギュア」カテゴリの最新記事