馳走いなせや奮闘中!

京都柳馬場三条上ルの町屋料理屋「馳走いなせや」
オーナー(通称大将)の酒と食の奮戦記。

馳走いなせや昼酒会「梅乃宿酒造編」そして・・・

2015年11月20日 | Weblog
11月15日(日)
毎月恒例の昼酒会、今月に奈良の「梅乃宿酒造」さん。
これが、当日のお酒のラインナップだ。

昨年から馳走いなせやの昼酒会に参加頂いて、お客さんにもずいぶんと好評である。

うっかりすると、余りに長いおつきあいなので取り扱いしながら全く発注を忘れると言う失礼な間柄⁉️
でもある。

馳走いなせやのパンフレットにも記載してある、私が生まれて初めて訪れた「酒蔵」
同じく、初めて見た酒造り(石原の親父は、間違いなくこの酒蔵にいた訳です)
そして、初めて飲んだ搾りたての日本酒を経験した
いわば、聖地でもある。
(ほな、何で忘れるねんって突っ込みありがとうございます❗️)


精神的に身近過ぎると、家族のような
もっと言えば、空気のような位置にある不思議な感覚なんですわね~。

いや~❗️ちょっと襟を正して緊張感もたなあかんなぁ。

いつものように、日本酒会席と出すお酒の順番を書いた「アンチョコ」
実際には、下の書き込みはお客さんにお出しするメニューにはありませんのでお間違えなく。

今回も沢山のお客さんにご予約頂いて感謝感謝です。
(写真中央で、お酒の説明してくれてる方が25年前に梅乃宿酒造に私を連れて行った首謀者(笑)
マルマン酒店の堀井新作社長)

ほんま、こんな長いおつきあいするとは思ってなかった…。
そやけど、あの頃は私と同じ志持った飲食店が多数堀井さんの回りにいたんやけどなぁ~。


まぁ、ほんま商売は難しいものです。

すっかり堀井さんの横が居心地よさそうな丸山と
現在2人目のお子さんがお腹におられる、若き社長の吉田佳代ちゃん。
(身重な状況で、おそらく出産まで最後の酒の会としてゲスト参加頂きありがとうございます)

それでは、馳走いなせやの日本酒会席の写真をいろいろとアップするのでメニューと照らし合わせてご覧下さい(手抜きやと思うでしょう・・・?当たりです)







え~~~と
最後の写真は、常連のシゲちゃんサービスショットです。差入れで頂いたのに、あかんやろ~。
(よければ、待ち受け画面等でご利用ください)

この新興梨を持って来てくださったお客様も、昼酒会の常連さん(いつも何かと頂いてばかりで、ありがとうございます❗️)

名前アップしていいか確認してないので、伏せときますね。

真ん中の坊主頭の彼は、新人の森田くん。
普段は、姉妹店の六角んまいにいます(坊主頭と言えば、統括の丸山・んまい料理長の永田と2人共ずるむけ…いや、坊主頭なので3人並んだ日が怖い・・・
ほとんどハルマゲドン状態だ)

そんな人類滅亡のカウントダウン⁉️
を置いといて



とりあえずアップしないと忘れてしまうとこやった‼️
危ない危ない…。

もう皆さん忘年会・新年会は予定組まれましたか~~❓
ちょっと、見にくいかも知れませんが
チームいなせや全店舗の宴会プランが出来ました。

それぞれの店舗で、いろんな提案しておりますので
是非とも
是非とも
あ、是非とも~~❗️
(ちょっと歌舞伎調で)

ご予約のほど、おん願い奉ります~う~~❗️
(夜中におっさんがブログにアップするコメントちゃうな…)





昼酒会の後の二次会は、いつもの六角んまい。

そして三次会が
馳走いなせやを100メートルほど南に行った「問答無用 いなせや」


さてここで、もう一つ報告があります。
この写真の中央奥にいる元馳走いなせや料理長で、現在の問答無用いなせや料理長の川村が11月20日で(株)いなせやを去ることになりました。

思えば6年余り頑張ってくれたので、ほんま感謝しております。
若干体力的な事もありますので、無理をしないようにこれからも元気にやって欲しいと思います。

今回二次会から三次会に来てくださったお客様
誠にありがとうございました。

そして長年、川村料理長を可愛がって頂きました全てのお客様に御礼申し上げます。

何か最後しんみりしましたけど、これからも(株)いなせや頑張ります。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花の都東京 | トップ | 前後しますが…。久しぶりの親... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。