馳走いなせや奮闘中!

京都柳馬場三条上ルの町屋料理屋「馳走いなせや」
オーナー(通称大将)の酒と食の奮戦記。

馳走いなせや昼酒会「木下酒造編」

2014年05月21日 | Weblog
ドロップキックの余韻も冷めやらぬ5月18日(日)
馳走いなせや毎月恒例「昼酒会」のゲストは、木下酒造(玉川)のフィリップ・ハーパー杜氏。
何か今年は例年に比べてスリムなのは、酒造量が増えて大変やったらしい(杜氏さんは、毎年のように新人教育も兼ねた中、酒造りをこなしてるのでペース配分やらストレスやらでほんま一年の半分は大忙し)
本日の馳走いなせや日本酒会席メニュー
そして、玉川のお酒もたっぷり
近年は、ほとんど前月には予約で御断りする事も多くなってすんません…。
何品か料理の写真も載せとかなあかんわ。

御存知の方も多いと思いますけど、今年は日本酒ドロップキックに参加しなかった(いや…正確には参加したかったと思うけど)フィリップ・ハーパー。
一週遅れの日程で、お客さん来るのか心配してましたが
なんの事なく、ありがたい話で満席。

やはり、フィリップ人気者やわ。
今回の乾杯酒は「いなせや限定・感謝祭用の北錦の純米吟醸生・原酒」
もちろん無濾過。
昨年末の搾りで30本詰めてもらった中の3本取り置きしてた奴!

店の冷蔵庫で半年寝かせたので、感謝祭の時よりかなりマイルド。

そこから、料理に合わせて玉川のお酒を約10銘柄程楽しんで頂き。
後半は「燗酒」もたっぷり飲んでもらいました。
これは、かなり珍しいショット!
御祖酒造の横道杜氏とフィリップが、W杜氏をしてた大阪の大門酒造時代の「さくやこのはな」と言う8年前のお酒。
玉川の会やし出したらあかんわ…。

これも燗酒で、お一人一杯限定。
飲んだフィリップ曰く「この頃は、まだまだ思い切りが足りひんかったなぁ…。酸も全然出しきれてないわ」
なるほど、本人言うんやし間違いないわ。
そして二次会。
当日は、いつもの六角んまいが早い時間から予約あるため
無理言って、柳馬場四条上がるのWARAKUさん。
15人ぐらいで、来たけどチーズやスパイスの効いた料理には玉川が合うなぁ。
フィリップを囲んで、一問一答の勉強会になったけど一部寝る人も…。

WARAKUさん・お世話になりました。
その後、フィリップと二人でこんな店行ったり
こんな店行ったりで、気づけば11時回ってフィリップを四条京阪まで見送った。
今日もほとんど12時間飲みっぱなし…。
あかん…やっぱり今回も飲み過ぎや~!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 催事 | トップ | 西へ東へ「日本酒Wイベント」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。