馳走いなせや奮闘中!

京都柳馬場三条上ルの町屋料理屋「馳走いなせや」
オーナー(通称大将)の酒と食の奮戦記。

7月に入ってバタバタしてます!

2017年07月18日 | Weblog

京都では祇園祭りがあり、なおかつ年度変わりでもある7月。
((日本酒の酒造年度変わりも7月からだ)



確か昨年のブログにも書いたような気がするが。


おおまかな日程でも、このように祇園祭りと一言で言っても「行事」が目白押しだ。
(いや…。私、役員してる訳じゃないのですが)

細かく書けばきりがないので、省略させて頂きますが…。

長年、京都で飲食店を経営していると
いわば、絡みも多くなり
自分だけのことじゃない用事もある、今日この頃。。。


どうしても有名な「山鉾巡行」だが、もちろんそれだけではないのが「祇園祭り」である。

おっと、その前に山鉾(やまぼこ)についてコピペ引用させて頂こう!


山鉾
やまぼこ

神霊の依代(よりしろ)で、祭礼の神幸のときに引き出すもの。山は曳山(ひきやま)とか山車(だし)ともいわれるように、人形を飾って囃子(はやし)の人たちが乗り、曳子が綱で引く屋台のことであり、鉾は屋台の上に立てて飾るものをいう。神霊がこれにのりうつって村や町を巡幸し、氏子の生活を見守る趣旨のもので、神輿(みこし)の御幸(みゆき)と同様の意味をもつ。京都の祇園(ぎおん)祭の山鉾巡行や岐阜県の高山祭など著名で大掛りなものも多いが、村々では唐傘(からかさ)形のものに布をかぶせた素朴なものもみられる。夏祭りの風流(ふりゅう)として華麗に発展した。[井之口章次]



「月鉾」と「菊水鉾」だが、こういった鉾が上にあるのが通称「鉾」である。


カマキリで有名な「蟷螂山」

このように「人」ではない山もある。


「巡行」の数日前から「鉾立て」という作業が、彼方此方で始まり
その後「曳き初め」をして「宵宵山」→「宵山」→「巡行」となる。
(この間、京都の中心部は交通規制がかかり車は大渋滞となる)



言葉にすると簡単やけど、いわゆる「鉾町」「山町」の方々は5月頃から準備に追われる日々を過ごす。


そんな「祇園祭り」にひときわ出来る行列が


「ぜぜかんぽっちり」と言う中華料理店の「しみだれ豚まん」

全国展開されてる「際コーポレーション」さんの店だが、期間中の販売個数は20,000個を越えるとの噂。。。

一個500円やから1,000万円超え❗️ほんまかいな〜〜❗️


ずっしり重い豚まんは、確かに値打ちあるしリピーターが増えるのも納得いくけど
20,000個って。。。
(写真は撮り忘れたけど)

毎年まとめ買いする常連さんまで出てくる状態だ。


そして、桁は違うが
新町四条上がるの和食「一」さん。

私、個人的にも知り合いの飲食店やけど
数年前から「祇園祭り」限定で、店舗前で販売しているのが「はもカツバーガー」🍔


店舗の通常営業をやりながらの昨年販売実績は❗️
2,500個❗️(これもまた凄い!)


ご覧のとおり、バンズにはものカツと特製紫蘇タルタルソースがトッピングされ
いかにも京都らしい逸品だ❗️

以外に地方から来られるお客さんには、いわゆる出店目当ての方もいらっしゃるので
話を聞くだけでも面白い。

(多分、これだけでも雑誌が発行できるんたゃうかなぁ)




7/15・16日には、午後6時から四条通りと烏丸通りの一部が「ホコ天」と化す!

四条通りは「山鉾」も多くあるしわかるのだが、烏丸通りは、ほとんどと言っていいほど目指す山や鉾もなく

ほぼ「テキ屋」ストリート状態。。。

まぁ、烏丸通りの東西を結ぶ意味ではわからんでもないけど
ちょっと、京都の祭りとしては微妙やなぁ。




そんな祇園祭りのメインイベントでもある「神幸祭」は


これもコピペ失礼。
(最近は便利な時代になったもんや)


京都人は、神輿が出る「神幸祭」が祭りのメインイベント。
観光の方は「山鉾巡行」がメインイベント。
らしい…。

まぁ、どちらも必要不可欠なので文句は言うまい。



こちらは、三条商店街の神社を出発する通称「三若会」の皆さん。

ざっと1日で10時間近くご奉公されます。

八坂石段下に集まった三基の神輿は、圧巻❗️


ここから市内を練り歩き

寺町四条の「御旅所」に帰ってこられました。



しかし、凄い人 人 人❗️❗️

神輿の担ぎ手には、知り合いも多いので
今日は一日、皆さんの応援もあり忙しくさせていただきました。

さて明日18日からは「後祭り」の鉾立てが始まる。

日本一祭り事の多い京都。楽しいけど、大変やわ。。。




ここでお知らせ❗️

いなせやチームの夏季休暇です。
例年は、お盆明けだったのですが
今年は、諸事情により早めに休業致します。

どうぞよろしくお願い致します。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 馳走いなせや昼酒会「玉川」編 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。