哲学以前

日々の思索を綴ります

死の所有

2017-12-08 15:23:22 | 日記
一ノ瀬先生の『死の所有』を読みはじめた。
これは凄く私の感性を刺激する本だ。

「涙の哲学」といい、「分ける」の究極といい、ジックリと取り組んで行きたいと考える。中世武士団の絆の話や、正に文理融合というか、私の今までの人生経験を全て引き受けてくれるような本。

なんで今まで買わずにいたのか?どことなく「動物愛護」には興味ないぐらいにしか思っていなかったが、非常に深い!


つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メモ:弁証法と背理法~弁証... | トップ | 食生活と食文化 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事