千里猫人形店

石粉粘土で本体を創り、その上に古布や縮緬、帯地、和紙などを貼り猫をモチーフに作品を創っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

際愛の猫が天に召された時

2016-10-08 13:24:39 | 日記
前にも書きましたが、もう一度書かせてください。
私達夫婦の大切な猫が突然な亡くなり落ち込んでいます。

病名は心筋症でした。
たった、2日で🌠になってしまい、ちゃんとした介護もして上げられず…辛かったです。

あんなにショッキングな出来事は、有りませんでした。

亡くなる前日、麻痺した後脚を引きずりながら、私と夫の所まで這って来て、私の手から直接水を飲み、余り苦しまず亡くなりました。

11年と5ヶ月…まだまだ私と夫の心は回復しません。

ペットと暮らした方(ペットって言い方嫌いですが)ならお分り頂けると思いますが、猫と言うよりか、人なんですよね。

毎日、溜め息の連続です。

そんなこんなの中での個展ですが、不思議と猫とのお別れ前に、作品が全部仕上がっていました。

この前写真は、亡くなった猫の赤ちゃん時代と、大人になった時の写真で、私と夫とにとって大事な大事な、宝物です。






何となくわたしの作品は、この仔に似てしまいます。
私にも似ているそうですが。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もうすぐ個展です! | トップ | 「千里作品展」後1週間で個展... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL