小さな美術館’s blog

埼玉県日高市清流にある油彩画と切り絵のギャラリー「小さな美術館」の日常を記録してみました。

ツバメさん SHYOUHEIくん HIROKOさん

2017-06-02 09:39:40 | 日記
…とタイトルは何とも散漫な感じですが、まずはツバメさんから。
昨年、我家のベランダ下をお貸ししますとアピールするも別な場所で営巣してしまったツバメさんたち。
今年も一度は部屋の中に飛び込んできたものの、我家ではなくお隣を営巣場所に選んだ。ところが、ちょっと場所が……狭い!


懸命の作業にもかかわらず巣はヨコに伸びるだけ。しかもせっかく運んで来た資材はほとんどが下に落っこちてしまっている。
それでも少しずつ大きくなって来たような気はするんですが…。


やっぱ我家のベランダ下の方が良かったと思うんだけど…今からでもどう?と、そっと見守る私達。

それからこちら赤松の赤ちゃん SHOUHEIくん。


お散歩コース途中にあるお宅の庭で芽を出した赤松です。新鮮な小松菜を頂戴したついでに頂いちゃいました。お庭にある素晴らしい松の植え込みの子供です。
最近、盆栽と苔玉についての蘊蓄を聞いちゃった私。この赤松を20年かけて育ててみようと壮大な、というかほとんど妄想を抱いた私は、庭に生えていた苔を団子に丸め赤松の赤ちゃんをくるんだのでありました。
で、苔玉の桜HIROKOさんの隣に置いて毎朝スプレーでお水掛けをしているのです。SHYOUHEIは勿論頂いた方のお名前。これからSHYOUHEIくんが生長する過程をじっくり観察しようと思うのでありました。

こちら、お姉さんのHIROKOさんとのツーショット。HIROKOさんはすっかり夏の装いです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 試作 | トップ | ツバメさん »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初夏の出来事… (キミー)
2017-06-02 15:47:25
 ツバメさんに救いが必要です。窓枠の下に板を仮付して巣を支えるようにしたら如何でしょう。今のままではツバメ、人間 双方に良いこと無しです。お隣さんにアドバイスしてみたら。
赤松のSHYOHEIさん 無事に大木に成長し、巧くいけば松茸が採れると良いですね。
キミーさんへ (小さな美術館)
2017-06-03 10:02:18
お隣さんが、ツバメさんのために棚を作ってくれました。でも人の手が入るとツバメさんは警戒して作業を中断してしまいました。早く作業を再開しないと、メスがタマゴ産んじゃうかも。心配しつつ見守ってます。
赤松には松茸が生える!!!よし、がんばっちゃうです
松茸楽しみに… (キミー)
2017-06-03 17:54:54
 出てくるまで待とうの精神で!

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。