ちろりん日記 with ぽんちゃん

愛するちいくん。17才7ヶ月7日可愛い天使になりました。お転婆ぽんちゃんもシニアになりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

思うこと。

2016-10-25 11:06:31 | ぽんちゃん

 

ぽんちゃんの乳腺腫瘍の手術まであと2日になりました。

 

何かをしていないと落ち着かなくて、ネットで検索しまくったりしてます。

 

そして今更、13~14歳の今の手術の選択に色んな思いが出てきて・・・・。

 

実はぽんちゃんの乳腺腫瘍のこと4人の獣医さんにお話ししています。

 

最初は、鍼治療している病院の先生は、手術は正直勧めないと仰りました。

 

高齢であるし、もし万が一悪性で転移した場合でも、寿命はそんなに変わらないのではないかと。

 

自分の犬だったらしないとのお話でした。

 

次は、ぽんちゃんのかかりつけの先生は、やはり高齢であるため、手術はできれば避けたいので経過見。

 

ただし、1か月後大きくなってきたり、腫れてきたり明らかに悪性の疑いがあればそのときは切除しましょうとのお話。

 

そして、ぽんちゃんの手術をお願いする腫瘍科の先生は、

 

初めて腫瘍に針を刺して細胞を調べたうえで、悪性の可能性もあるので手術するのが最良だと。

 

ただ高齢であるため、手術をできる体なのか検査をし、肺への転移がないかを調べる必要はあるとのことで

 

こちらは前にも書いたように、転移は見られない。

 

検査結果は異状なし。手術はできますとのこと。

 

そして最後に、ぽんちゃんの歯医者さんの先生もやはり手術には積極的ではなく、小さいので経過見が良いのではとのお話。

 

4人の先生のうち、3人の先生は経過見を勧めて、わたしも最初はそれが最善だと思ってました。

 

でも、腫瘍の細胞検査を唯一してくださった腫瘍科の先生が悪性を疑うのならもう手術しかないと思ったんです。

 

それが最善、手術できるというなら今しか・・・・・と思いながら本当にそれでいいのか?・・・と自問自答。

 

乳腺を、今のところ右上半分切除の予定でも、細かい小さな粒もあるみたいなのでもしかしたら

 

片側切除になるかもしれないとの話で、再発の可能性を少しでもおさえるのならばそれも致し方ないと思います。

 

入院も予定では3日。問題なければ。

 

もう心の中では、先生にお任せしようと決めていても、(転移して手遅れとなることが一番怖い気がして)

 

術後、弱ってしまわないか・・・・・とかもう色々考えてしまって最後にはわからなくなって・・・・

 

堂々巡りです。

 

ぽんちゃんすごく元気で食欲もあるし、きっと大丈夫だとは思うんだけど。

 

今日も、すやすやねんねのぽんちゃん。

 

「ちょーだい!!」ごはんのときのニコニコぽんちゃん。

 

わたしはこの笑顔をずっと見ていたいだけ。

 

ぽんちゃん、頑張ろう。

 

 

 

 

読んでくださってありがとうございました にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へにほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへにほんブログ村 ポチっとお願いします

『犬』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 乳腺腫瘍 | トップ | 無事手術終わりました。 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (coochocota)
2016-10-25 11:48:19
こんにちは。
手術、不安だと思いますが、決められたのなら信じるしかないと思います。
うちのちょこたも腫瘍ではありませんが、昨年6月、13歳5ヶ月の時、全身麻酔で胆嚢摘出手術を行いました。
その時はそれしか選択肢がありませんでしたが、高齢だからと言って必ずしも危険とは限りません。
検査で異常がなく、手術に耐えられる体だということならば、先生を信じて完治を祈りましょう。
元気だしてください!
coochocotaさんへ (ちいまま)
2016-10-25 12:26:46
こんにちは。
そうですよね。
もう決めたのなら信じるしか・・・・。
ネット検索するのも良し悪しのような気がしてきました。
ちょこたくんも高齢で頑張ったんですよね。
この年齢で手術ができるというだけで
感謝しなくては。
生命力にかけて、先生にお任せします。
ウジウジ考えていたわたしの背中を押してくださり有難うございます!
Unknown (kao)
2016-10-25 23:36:47
こんばんは!
確かに高齢だと手術積極的に勧める先生はいないかもですよね。
腫瘍科の先生がきちんとした意見言われてるので信じましょう。
うちは細胞とってみたところ悪性の可能性有りで2度目の手術しました。
1度目は良性だったんですけどね。
急を要しない手術は悩みます。
当然ですよ^ ^
私たち飼い主が決めないといけないですからね。
私も後悔だけはしたくないと思い、2度目の手術に踏み切りました。
悩むのはみーんな同じですよ^ - ^
ちいくんがきっと見守っててくれますよ!
だってすごく優しいちいくんだったから。
kaoさんへ (ちいまま)
2016-10-26 12:56:52
こんにちは。
みるくちゃんも1度目は良性で2度目は悪性の可能性有りと言われ手術されたんですよね。
うちも一緒です。
可能性有りならば、手術しかないでしょうね。
何もしないで転移してしまったではやはり後悔でいっぱいになってしまうと思うから。
皆さん可愛い我が子のことなので悩んで当然ですよね。
いよいよ明日なので、もう信じるしかありません。
ちいくんにも毎日お願いしてます。
きっと大丈夫。

心強いお言葉で元気出ました。
有難うございます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。