シルバーバーチを拠り所にして 【スピリチュアリズム雑感ブログ】

スピリチュアリズムを学んでます。
姉妹ブログ☆スピリチュアリズムで世界征服☆彡がメイン。このブログは心の声かな・・

ドイツの霊的な季候

2017-08-09 22:14:03 | ドイツ
・・・現在の英国でも、そういう手術(ブラジルやフィリピンの心霊手術)に興味をもちながら、要望がかなえられずにいる人が大勢います。やはり、気候が大きな要素なのでしょうか?

一つには気候です。大気が手術に大きく影響するからです。しかし、同時に霊的な条件もあります。心霊手術は、英国に住んでいる人には向いていません。問題は、人間が何を望んでいるかではなくて、何がいちばん向いているかです。高度な霊的資質を秘めていながら、最低の物的次元のものを求めている人が多過ぎます。これでは進歩も発達も望めません。
『シルバーバーチのスピリチュルな生き方 Q&A』


ドイツは、空気が乾いてサラッとしています。私が滞在したところは田舎だったので引き締まった空気が澄んでいました。
日本のように、空気中にカビ菌だらけのような、ジメジメさがない!


その空気が民族の気質や霊的なものに影響しているような気がしました。

ドイツの空気は人(や霊)の心が伝わりやすい。
それが自己主張の強い国民性になったのかなあ。
お互いの心が分かりやすいなんて、霊界にちょっと近い空気かもしれません。


これが日本だとね。人が何考えているのか分かりにくい。
心がオブラートに包まれた感じ。それが穏やかで協調性を重んじる気質になったのかなあ。
霊とのやり取りもなんかぼや~んとしてて、今一つ確信が持てないというか、・・・かな?・・・らしい・・・と
語尾に自信のなさをあらわしたりして。

ドイツでは、霊とか精霊とのやり取りがハッキリと頭の中に響いてきて、確信というか、絶対こうだって瞬時にわかるのに。
これは土地の影響かなあ・・・・

アトピーの日本人が、ドイツに行くと治癒するって、ドイツの気候を褒めていましたけど、
私もドイツの空気は大好き。
日本の水分タップリの重たい空気は霊感も肉体も鈍くしているような気がします。



↑ドイツの精霊たちは、とてもお利口さんで親切!
私が娘を探していたら、的確に居場所を教えてくれる。
「部屋にいるから、これ以上先に行かないで。戻るんだよ」とか、頭にダイレクトに響く。

調子に乗って「娘を呼んできて」って頼んだら、ほどなく娘が走ってきたり・・・・
本当に日本ではありえないほどの伝達性!!
ダンケ!!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ドイツの車窓から | トップ | 霊の家 »

あわせて読む