シルバーバーチを拠り所にして 【スピリチュアリズム雑感ブログ】

スピリチュアリズムを学んでます。
姉妹ブログ☆スピリチュアリズムで世界征服☆彡がメイン。このブログは心の声かな・・

人類供養

2017-04-18 00:03:51 | 霊的真理
地上のすべての人間が、互いに兄弟であり姉妹であること、そして人類という大家族は、霊的な親類知己によって構成されていることを知ったみなさんは、互いに睦みあうことができなくてはなりません。大霊がその神性の一部を全存在に植えつけて、霊の鎖が全地球を取り巻いているからこそ、それは可能なのです。『シルバーバーチのスピリチュアルな生き方Q&A』

私は先祖供養なんか全然気にしていません。
供養の良さを感じられないからなんですけどね。

私は代々神主家系の生まれです。
これっていわば供養のプロ家系。
事故多発地帯のお祓いなどもお手の物です。
死後の世界も霊も身近だから、自縛するような落第者先祖は一人もいないはず。
しかし、優遇を受けるどころか、他の家系同様、艱難辛苦を十分に味わっています。
早死にする子、水子、障碍者、遺産争い、借金、ギャンブル、病気、他にも色々あるよ。

自分の身内だけ供養すれば、子孫繁栄が約束されるってことは、幻想です。

先祖崇拝が固定化している日本では、供養してくれないとムクれる霊は沢山いることは事実だけど、
まずは、「もう死んでるから」という事実と、「死んだらここにいてはいけない」と諭してあげるしかないです。
あと、日本人特有の価値観である「お骨」とか「位牌」への執着は捨てましょう!ってお伝えすることかな。
浄霊にお経のワンフレーズくらいはご要望があればサービスするけど、その程度。
それでもムクれるなら、放置ですかね。テコでも動かないものはどうしようもない。

先祖をどんどん辿っていくと、究極は人類という大家族にしかならないもの。
そういえば、人類のルーツはアフリカだってね。
どうしても先祖供養したいというのなら、アフリカにでも供養塔を一つ建ててもらったらお終いだと思うのですが・・・。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 愛は縛りではない | トップ | 森鍼灸院に行ってきました »

あわせて読む